TEAM雷電・瀬戸熊直樹 下家の一色攻撃を押さえつつトイトイのアガリ【Mリーガー29人の名手】

TEAM雷電・瀬戸熊直樹

下家の一色攻撃を押さえつつ

トイトイのアガリ

【Mリーガー29人の名手】

Mリーグ2019 10/24

第1試合 東3局 2本場 ドラ7s 供託×1

東家 瀬戸熊直樹TEAM雷電

20200

南家 日向藍子渋谷ABEMAS

32800

西家 藤崎智KONAMI麻雀格闘倶楽部

20500

北家 魚谷侑未セガサミーフェニックス

25500

南家・日向がポン、西家・藤崎がポンと仕掛けている場面。日向の捨て牌はマンズが少なく、ドラもツモ切って臨戦態勢。一方、藤崎は明白なソーズ狙いだ。ここで東家・瀬戸熊の手も暗刻でドラドラのイーシャンテンになる。ここで瀬戸熊の決断は?

 

 

「親だからこそ大事に構える」

本来はを切りたい形。先にという選択もある。だが瀬戸熊はさらに手堅くドラのを捨てた。日向のに藤崎が無反応だったので、まだ大丈夫と踏んだのだ。とはいえ、1ハン下げるのは決断力を要したはず。

だが、を引いてマンズがになり、さらに苦しい形に。ここではを一押ししたものの、そこから先はいつロンの声がかかっても不思議ではない。

やむなくソーズを落とす。だが、そこからの復活が凄かった。

を重ね、日向から出たをポン。

 ポン

トイトイ三暗刻・赤のハネ満!

そしてツモで6000オール。親でもごり押しせず状況に合わせた瀬戸熊の我慢が見事実を結んだ。

 
Mリーガー全29人の

名手を収録した

小冊子付き「近代麻雀」

12月28日発売‼︎

 

東川亮

赤入り麻雀、東天紅(三人麻雀)などを愛する、さいたま市在住の麻雀ファン。本業はフリーのライター。飯田橋にあるセット雀荘「麻雀ロン」にて、オーナーである麻雀解説者・梶本琢程氏との接点が生まれ、その縁をきっかけとしてキンマWebにてライター活動を開始した。
ひがし@Twitter

  • 雀荘感想キャンペーン
    Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!