渋谷ABEMAS・日向藍子 ドラ西スルーしてアガリやすいテンパイを組む【Mリーガー29人の名手】

渋谷ABEMAS・日向藍子

ドラ西スルーして

アガリやすいテンパイを組む

【Mリーガー29人の名手】

Mリーグ2019 10/24

第1試合  東4局1本場 ドラ

東家 日向藍子渋谷ABEMAS

33000

南家 藤崎智麻雀格闘倶楽部

5300

西家 魚谷侑未セガサミーフェニックス

24200

北家 瀬戸熊直樹TEAM雷電

37500

東4局の親を2着で迎えた日向。役牌とドラがトイツでホンイツも狙えそうな手牌。悪くても役牌ドラドラで5800はアガれそうだ。

すると4巡目に下家の藤崎がを捨てる。鳴けば親満以上の打点は確保できるが、はたして日向はどうしたか?

 

 

「アガリ易いテンパイは何か」

日向はこのを見送った。ポンしてホンイツに向かえば他家の警戒度は一気に高まり、テンパイ止まりで終わってしまうケースが多そうである。それよりはピンズのリャンメン形、役牌を頼りにドラドラの手をアガるほうが現実的だろう。

この後、日向はカンを引き入れ、

7巡目にポン。待ちのテンパイを入れた。この時点で待ちは山に4枚生き。ポンのホンイツ狙いに比べたら、かなりアガリやすく、打点もまずまずの形だ。

麻雀に技術点や芸術点はない。だが、麻雀プロの評価には確実に加わるものだ。残念ながらこの手は他家のアガリに阻まれたが、日向の先を見据えた構えは「さすがMリーガー」と評価されて然るべきものといえるだろう。

 
Mリーガー全29人の

名手を収録した

小冊子付き「近代麻雀」

12月28日発売‼︎

 

東川亮

赤入り麻雀、東天紅(三人麻雀)などを愛する、さいたま市在住の麻雀ファン。本業はフリーのライター。飯田橋にあるセット雀荘「麻雀ロン」にて、オーナーである麻雀解説者・梶本琢程氏との接点が生まれ、その縁をきっかけとしてキンマWebにてライター活動を開始した。
ひがし@Twitter

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!