相性なんてぶっ飛ばせ! 鈴木たろうが勝利をたぐり寄せた『ゼウスの迷彩』【Mリーグ2020観戦記2/11】担当記者:東川亮

相性なんてぶっ飛ばせ! 

鈴木たろうが勝利をたぐり

寄せた『ゼウスの迷彩』

文・東川亮【木曜担当ライター】2021年2月11日

3シーズン目を迎える大和証券Mリーグ。

まだまだ歴史は浅いが、対戦を積み重ねていくと、次第に面白いデータが現れてくるものだ。

その中の一つが選手同士の相性。

なんと松本吉弘鈴木たろうの2 人は、黒沢咲を相手に着順で上回ったことがないという。

ただ、そんなデータは話題になると途切れる、というのはよくある話。

2/11の第2回戦では、示し合わせたかのようにこの3人が激突することとなった。

2月11日 第2回戦

東家:魚谷侑未セガサミーフェニックス

南家:黒沢咲TEAM雷電

西家:松本吉弘渋谷ABEMAS

北家:鈴木たろう赤坂ドリブンズ 

 

東2局

前局たろうに8000を放銃した松本の元に、ドラドラ赤というチャンス手が入る。

これをものにすれば、前局の失点はすぐにリカバリーできる。

10巡目に分岐点。

トイツ手に向かうか、メンツ手で勝負するかだ。

松本は少考の後、というマンズのカンチャン受け二つを残すメンツ手のイーシャンテンに構えた。

七対子にしようとしてもが既に2枚見え、はドラそばで持たれているケースもあり、アガリまでは厳しいということだろう。

逆には自身の目からが3枚見えで、比較的良さそうに見える。

そしてカンを入れ、カン待ちでリーチ。

残りは山に1枚だったが・・・

それが

魚谷の追っかけリーチを受けるもののラスト1枚をツモってリーチツモドラドラ赤赤の3000-6000。

前局の放銃を利子付きで取り返すようなアガリとなった。

松本は親番の東3局で2000オールをツモってトップ目に浮上。

一気呵成に攻め立てたいところだが、次局のペン待ちテンパイではリーチを打たないどころかテンパイを外す。

自身にドラも赤もなく打点がない上、相対的に打点のある相手に押し返されることが予想されるからだ。

それよりはソーズを重ねてドラ待ちリャンメンテンパイの方がいい。

最終的には魚谷のリーチを受けて守備にまわるが、この辺りのバランス感覚はさすがだ。

試合は松本ペースで進む。

他3チームの立場からすると、現在首位の渋谷ABEMASがトップを取るのは自チームが勝てない場合ならマシな結果だが、だからといって諸手を挙げて歓迎するようなものでもない。

東4局3本場、この状況を激しく動かすアガリが生まれる。

親番・たろうの配牌。

がトイツでホンイツが見える。

 

を1巡目からポン。

さらに加カンしてツモを増やすと、を重ねていよいよホンイツへ一直線。

しかし、たろうはからを切ったものの、は残して字牌のをツモ切る。

は自身が切っているとはいえ、残せばよりホンイツに近づくし、安パイにもなり得る牌だ。

これは、相手の読みを狂わせる一打。

  • 最新の麻雀・Mリーグ情報をいち早くお届け!