萩原聖人、3勝目!! しびれる展開を逃げ切ってトップ獲得!「こんな疲れを味わうためにMリーグに来た!」

萩原聖人、3勝目!!
しびれる展開を逃げ切ってトップ獲得!
「こんな疲れを味わうためにMリーグに来た!」

12月14日に行われたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」。
2回戦は、TEAM雷電・萩原聖人(日本プロ麻雀連盟)がトップを獲得。
個人3勝目、チームは13勝目となった。

対局者は、
EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟)、
セガサミーフェニックス・茅森早香(日本プロ麻雀連盟)、
渋谷ABEMAS・白鳥翔(日本プロ麻雀連盟)、
そして萩原。

並びは、茅森・勝又・萩原・白鳥。

東4局2本場、自風のを含む2フーロでテンパイの萩原に対して、勝又からリーチが入る。
そして勝又が一発・ツモ・赤1の2000・4000のアガリ。

南2局は白鳥と萩原のリーチ合戦。両名ともにドラが雀頭という対決。
結果は手順で勝った萩原が、白鳥から一発で討ち取り、マンガンをものにする。

南3局は白鳥の逆襲。独自手順からのリーチで、勝又から5200をアガってオーラスへ。

南4局、ラス親の白鳥のリーチに茅森が追いかける。
どちらにもアガリが出ないまま、萩原のホーテイの切り番。
打てばラス、という緊張感に耐えて無事流局を迎える。

同1本場は、勝又が必死の3フーロからのツモアガリで2着を獲得。
萩原が嬉しい3勝目をあげた。

萩原は勝利者インタビューで「こんな疲れを味わうために僕はMリーグに来たんだなと思いました。楽しかった。失うものは何もないですからね。雷電の麻雀は面白いです!!」と語った。

【Result】
1着 TEAM雷電・萩原聖人(日本プロ麻雀連盟)3万1500点/+51.5
2着 EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟)2万6200点/+6.2
3着 セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦日本プロ麻雀協会)2万3200点/▲16.8
4着 渋谷ABEMAS・白鳥翔(日本プロ麻雀連盟)▲1万9100点/▲40.9

【Total】
1位 EX風林火山 +268.5(50/80)
2位 赤坂ドリブンズ +147.2(50/80)
3位 TEAM雷電 +90.4(52/80)
4位 U-NEXT Pirates ▲50.7(50/80)
5位 渋谷ABEMAS ▲75.7(50/80)
6位 セガサミーフェニックス ▲104.6(48/80)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲275.1(52/80)

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

大和証券Mリーグ 風林火山vsABEMASvsフェニックスvs雷電

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

本日発売!!!!

Amazonはこちら→「麻雀強者の0秒思考」