白鳥翔、供託泥棒から小金持ちへ!! 超接戦を制して弾みとなるか!?

白鳥翔、
供託泥棒から小金持ちへ!!
超接戦を制して
弾みとなるか!?

12月14日に行われたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」。
1回戦は、渋谷ABEMAS白鳥翔(日本プロ麻雀連盟)がトップを獲得。チームは4位に浮上し、接戦のボーダーに食い込んだ。

対局者は、
セガサミーフェニックス茅森早香(日本プロ麻雀連盟)、
EX風林火山滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)、
TEAM雷電黒沢咲(日本プロ麻雀連盟)、
そして白鳥。

並びは、茅森・滝沢・白鳥・黒沢。

東2局、滝沢と白鳥のリーチ合戦。この局は白鳥が高目タンヤオ・ツモ・赤2のマンガンをアガって一歩リードする。

南1局、滝沢がと仕掛けて、アンコの単騎待ち(ドラ)というバイマンのテンパイ。

しかし、茅森・黒沢の両名からリーチが入り、大混戦となる。
結果は、茅森から黒沢への5200点の横移動となった。

迎えたオーラス1本場、トップ黒沢が27300、ラスの茅森が22200という超接戦。
白鳥がピンフ、高目イーペーコーの手をリーチ・一発・ツモ(安目)の700・1300をアガって混戦を勝ち抜いた。

白鳥は勝利者インタビューで「チームとしても崖っぷちだったので大きな1勝だと思います。いままで個人でマイナスして足を引っ張っていた感があったので園田さんや黒沢さんなどの勝っている人の分析をしていたので、その成果がでました。自分の持ち味は柔軟さだと思っているので、まだまだ自分の麻雀は完成はしていません。」と語った。

【Result】
1着 渋谷ABEMAS白鳥翔(日本プロ麻雀連盟)3万1200点/+51.2
2着 TEAM雷電黒沢咲(日本プロ麻雀連盟)2万4600点/+4.6
3着 EX風林火山滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)2万3400点/▲16.6
4着 セガサミーフェニックス茅森早香(最高位戦日本プロ麻雀協会)2万800点/▲39.2

【Total】
1位 EX風林火山 +262.3(49/80)
2位 赤坂ドリブンズ +147.2(50/80)
3位 TEAM雷電 +38.9(51/80)
4位 渋谷ABEMAS ▲34.8(49/80)
5位 U-NEXT Pirates ▲50.7(50/80)
6位 セガサミーフェニックス ▲87.8(47/80)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲275.1(52/80)

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

大和証券Mリーグ 風林火山vsABEMASvsフェニックスvs雷電

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

本日発売!!!!

Amazonはこちら→「麻雀強者の0秒思考」

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!