積みに積んだり10本場!拮抗状態をつくりあげたMリーガーたちの守備的ファインプレー5選【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー




熱論!Mリーグ【Mon】

積みに積んだり10本場!

拮抗状態をつくりあげた

Mリーガーたちの

守備的ファインプレー5選

文・ゆうせー【月曜担当ライター】2019年11月4日

1戦目

熱戦であった。

「簡単にはアガらせない」

という各選手の意志が、白熱した試合をつくりあげたように感じる。この記事では中でも特筆すべき5つの好プレーを紹介していきたい。

①南1局 勝又選手 親の牽制ポン
東場を終えた時点で、勝又が頭一つリード。

南1局、

12巡目に入ろうかという刹那、親の勝又がから発進する。

切るのはたった今対面の沢崎が通しただ。

守備面を考えて5ブロックに決め打っていた勝又の河は、濃く仕上がっている。

“親が動いたぞ…もうテンパイかもしれないぞ…どうする…?”

と他家にクエスチョンを投げかけるのが狙いだ。

その後、沢崎がチンイツへ向かって、

をポン。

しかし、ドラはまだ温存されることに。対面勝又の10巡目は手出し。シャンポンに刺さりでもしたら致命傷だ。

赤赤の手牌をもらった萩原も、

や、さえも打ち切れない。斜めに並んだがどこか物寂しい。

親と河という二枚看板を利用して、勝又は他家の手を曲げることに成功した。これもまた失点を防ぐ守備のひとつだ。

だが、一人だけ立ち向かってきた選手がいる。

今日も ω が冴えている茅森だ。

勝又に通っていないを連打。待ちのリーチへと踏み切った。

これは一人テンパイで流局か…

勝又、現物のを切ってイーシャンテンに。

残すツモは1回。

テンパイを入れた!!

牽制をいれながらも、決して危険を冒すことなくスルスルッとテンパイをいれた勝又。見事連荘に成功すると、

繋いだ次局に、値千金の6000は6100オールを決めた。

②沢崎選手 熟練の立ち回り
勝又の親が流れて、南2局、親番の茅森、

8巡目にこの大物手のテンパイ!をツモれば親倍。出アガリでも12000ある。

なかなかアガリの出ないまま、沢崎の12巡目、

これは打っても不思議ない…

が、打たない!刮目すべきは、打ではなく打としているところだ。をアタマとして使う鋼鉄の意思を感じる。

その後、

ション牌のを引き、これもガッチリ止めて打

この記事のタイトルとURLをコピーする