積みに積んだり10本場!拮抗状態をつくりあげたMリーガーたちの守備的ファインプレー5選【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー

さらには、

を引き、

場を一瞥して沢崎が切ったのは、

イーペークラッシュの!もうなんにも打たないよ、と手組に書いてあるようだ。

自分と周りとの「間合い」を見極め、自分が劣勢ならば、中盤に甘い牌を決して打たない。実に洗練された立ち回りだ。

沢崎の辛抱もあって、茅森の勝負手は不発に終わったのだった。

③南2局3本場 茅森選手 読みを信じて
だが昨年の打点王茅森にとって一度の空振りなんて、あってないようなものだ。

南2局1本場は、赤赤5800は6100のアガリ。

南2局2本場は、リーチツモ赤裏4000は4200オールのアガリ。と立て続けにアガリを決め、勝又に肉薄する。

そして迎えた南2局3本場、

沢崎からリーチが入る。

沢崎は、

中盤にを持ってきてカン。迫力満点だ。

これを受けた親番の茅森、

をつかんだ…どうする…

茅森ここは打リャンシャンテンからは押さない。

、またはをツモってきた、「マンズを打たないでいいルート」を進めるときのみ、ソウズ→と切って攻め返すことを想定していたのではないだろうか。

次に、

を持ってきた。これは…

打った!!は、沢崎のリーチ直前に茅森自身が切っている。

を持っていてとのシャンポン待ちになりそうな手なら、打たれたは鳴いているでしょう?”

と茅森は考えたのだろう。

「天才」と呼ばれる茅森だが、その打牌には独自の読みがはたらいているように思う。

その次には、

を引く。が出そうだが…

しかし出ない!ターツはフリテン含みだ。また、マンズ&コンボ押しルートは、当初から予定になかったのであろう。それにしてもドンピシャの押し引きだ。

オリを決めたときにも、茅森は不敵な微笑み ω を浮かべていた。

この局はこのまま流局。茅森は失点を最小限に抑えた。

続く南3局もリーチ合戦の決着がつかずに流局。

ω オマケ ω

リーチ時の茅森。珍しい表情だ。この日は息子さんが選手控室に応援に来ていたからであろうか、とても表情が豊かだったと感じた。

④南4局5本場 茅森選手 我慢のトリダマ
迎えたオーラスは5本場で供託が3本。

なんとしても点数が欲しい親番の萩原、打点十分のリーチを敢行。

そして、

茅森もテンパイ!リーチをかけてアガればこの死闘のトップだ。

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!