魚谷侑未、 7戦4勝、ロケットスタート継続中!! まだまだ上を目指します!!




魚谷侑未、
7戦4勝、ロケットスタート継続中!!
まだまだ上を目指します!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の22日目第2戦は、魚谷侑未(セガサミーフェニックス)がトップを獲得。魚谷はこれで個人4勝目、個人首位が伺える位置につけた。チームは3位に浮上、混戦の中で好位置につけた。

2回戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ・沢崎誠(日本プロ麻雀連盟)、EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟)、TEAM雷電・黒沢咲(日本プロ麻雀連盟)、そして魚谷

東1局、魚谷はポン、ドラのをポンから加カンと積極的に攻撃にでる。さらにをアンカンすると新ドラが雀頭のホンイツ・ドラ6のバイマンをツモっていきなり大量リードを築く。

さらに東2局、アンコの手をリーチ・ツモ。するとウラドラが! バイマンに続くハネマンで一気に突き抜ける。この2度のアガリが決め手となり、トップは魚谷。

オーラスは沢崎がリーチ・一発・ツモ・タンヤオピンフのマンガンで黒沢を交わして2位浮上でゲームセット。魚谷は7戦して4勝と、絶好調ぶりを伺わる半荘となった。

勝利者インタビューで魚谷は「だいぶツイたと思いますが、素直に嬉しいです。(個人2位について)そうなんですね、じゃ上を目指して頑張っていきたいと思います」と語った。

【Result】
1着 魚谷侑未・セガサミーフェニックス 4万6600点/+66.6
2着 沢崎誠・KADOKAWAサクラナイツ 3万700点/+10.7
3着 黒沢咲・TEAM雷電 2万2300点/▲17.7
4着 勝又健志・EX風林火山 400点/▲59.6

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +111.2(22/90)
2位 U-NEXT Pirates +91.6(22/90)
3位 セガサミーフェニックス +74.8(22/90)
4位 EX風林火山 +37.4(22/90)
5位 渋谷ABEMAS +21.1(22/90)
6位 TEAM雷電 +5.3(22/90)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲162.3(22/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲179.1(22/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

11月4日の対戦は
TEAM RAIDEN / 雷電vsセガサミーフェニックスvs EX風林火山vs KADOKAWAサクラナイツ

キャスト

TEAM RAIDEN / 雷電
セガサミーフェニックス
EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
実況:小林未沙
解説:鈴木たろう
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ2019 雷電vsフェニックスvs 風林火山vsサクラナイツ

この記事のタイトルとURLをコピーする