猿川真寿、親ハネマンの一撃を契機に 大量リードで8勝目獲得!!【Mリーグ2023-24 / レギュラーシーズン 】

猿川真寿、

親ハネマンの一撃を契機に

大量リードで8勝目獲得!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」の100日目、第2戦は猿川真寿BEAST Japanext)が、トップを獲得。東場の親番でハネマンを醍醐から仕留めた猿川が、着実に点棒を積み重ねて8勝目。目指す風林火山まで100ポイント余となった。

第2戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎渋谷ABEMAS松本吉弘セガサミーフェニックス醍醐大、そして猿川の4名。

松本のリードで迎えた東3局。西家・内川がカン【4ソウ】待ちで先制リーチ。すると北家の醍醐がチートイツ【7マン】単騎待ちで追いかける。さらに醍醐のリーチ宣言牌をチーして猿川もテンパイ。一気に局面がヒートする。親の猿川はカン【4マン】ながら、タンヤオ・ドラ3・赤2のハネマン。この【4マン】を醍醐がつかんで猿川のアガリ。猿川がトップ目に立つ。

猿川リードのままで南3局、猿川はチートイツ・ドラ2のマンガンをツモアガって8000点を加点し、リードを広げる。

猿川はオーラスも、内川からチートイツ・ドラ2の6400を仕留めてゲームセット。5万点越えの大きなトップで、個人ポイントをプラスに浮上させた。

猿川はインタビューで、

「東3局の18000、アガれたのは大きかったですね。(2軒リーチに対して)ドラ5なんでいくしかないんですけど…。まぁ、あとはたまたま先にいないかな、って感じだったんですけど。それはほんとよかったですね。(個人ポイントがプラスになったのは)たぶん10月ぶりだと思うんで、風林火山さんとのボーダー争いがどこで勝負かけようかなって思ってたんですけど、とりあえずトップで安心してます」

と語った。

【Result】
1着 猿川真寿・BEAST 5万7100点/+77.1
2着 内川幸太郎サクラナイツ 2万3700点/+3.7
3着 松本吉弘・ABEMAS 1万8900点/▲21.1
4着 醍醐大・フェニックス 300点/▲59.7

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +511.1(88/96)
2位 赤坂ドリブンズ +372.9(90/96)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +241.1(88/96)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +173.6(88/96)
5位 渋谷ABEMAS +25.9(90/96)
6位 EX風林火山 ▲169.6(90/96)
7位 BEAST Japanext ▲274.0(88/96)
8位 セガサミーフェニックス ▲424.7(88/96)
9位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲456.3(90/96)

大和証券 Mリーグ サクラ ナイツvsABEMASvsフェニックスvsBEAST

3月15日(金) 19:00 〜 3月16日(土) 00:00

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsBEAST Japanext

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」Mリーグ2023-24の戦いはここからはじまる
今期より新チーム「BEAST Japanext(ビーストジャパネクスト)」を加えた9チーム、新Mリーガー7名の誕生、計36名でのシーズンとなる。
2023-24シーズンでは新レギュレーションが適用され、KADOKAWAサクラナイツU-NEXT Piratesがチーム体制変更レギュレーション対象となり、
セミファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替えによってチーム編成を変更しなければならない。
賞金5000万円と優勝シャーレの栄光を手にするチームはどこだ?!

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
BEAST Japanext
実況:小林未沙
解説:石橋伸洋
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ サクラ ナイツvsABEMASvsフェニックスvsBEAST

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/