茅森早香、今期初トップ!! 今シーズンの早香はいけちゃうと思います!?

茅森早香、今期初トップ!!
今シーズンの早香はいけちゃうと思います!?

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の6日目第2戦は茅森早香(セガサミーフェニックス)が、要所要所を園田に競り勝ってトップを獲得。3位まで後退したチーム順位を再び1位に押し上げた。

2回戦の対局者は、赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦日本プロ麻雀協会)、渋谷ABEMAS・日向藍子(最高位戦日本プロ麻雀協会)、TEAM雷電・瀬戸熊直樹(日本プロ麻雀連盟)、そして茅森

東1局、親の園田が赤3枚とドラ1枚の大物手をリーチ。待ちは。そこに追いついたのが茅森、234のサンショクのカン待ち。ツモアガったのは茅森。2000・4000で園田の出鼻をくじくことに成功する。

しかし次局、親の瀬戸熊が、リーチ・ツモ・タンヤオピンフイーペーコー・ウラ1の6000オールで一気にトップに。

東3局の2本場、再び園田と茅森のリーチ合戦。ここも茅森がツモアガリ。リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ1の2600オールで瀬戸熊を逆転。

同3本場、茅森は早い巡目のチートイツ・ドラ2をテンパイ。この単騎に園田が飛び込んで9600点。大きく加点する。

同4本場は、園田が茅森からマンガンを討ち取って点棒を回復。

南2局にも園田がリーチ・ツモ・・ドラ1のマンガンをツモって、茅森以外の3者が横一線状態になる。

2着どりを意識する3者を見下ろす茅森は、オーラスも日向からノミ手をアガッて自らトップを決めた。

勝利者インタビューで茅森は「(チームの6戦3勝について)ポイントを持っていると心の余裕ができますね。(セガサミー本社でのパブリックビューイングについて、ファンの方々の声援は力に)なります! 皆さんありがとうございました!と語った。

【Result】

1着 セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦日本プロ麻雀協会) 3万7300点/+57.3
2着 渋谷ABEMAS・日向藍子(最高位戦日本プロ麻雀協会) 2万2800点/+2.8
3着 赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦日本プロ麻雀協会) 2万1300点/▲18.7
4着 TEAM雷電・瀬戸熊直樹(日本プロ麻雀連盟) 1万8600点/▲41.4

【Total】

1位 セガサミーフェニックス +99.9(6/90)
2位 EX風林火山 +64.4(6/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +46.0(6/90)
4位 U-NEXT Pirates +6.5(6/90)
5位 TEAM雷電 ▲21.1(6/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲28.9 (6/90)
7位 渋谷ABEMAS ▲53.3(6/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲113.5(6/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

10月8日の対戦は
TEAM RAIDEN / 雷電vsセガサミーフェニックスvs赤坂ドリブンズvs渋谷ABEMAS

キャスト

TEAM RAIDEN / 雷電
セガサミーフェニックス
赤坂ドリブンズ
渋谷ABEMAS
実況:松嶋桃
解説:佐々木寿人
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ2019 雷電vsフェニックスvsドリブンズvsABEMAS

この記事のタイトルとURLをコピーする