鈴木たろうも悩ます…Mリーグを席巻する“黒沢家のしきたり”【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Tue】

鈴木たろうも悩ます…

Mリーグを席巻する

“黒沢家のしきたり”

文・ZERO【火曜担当ライター】2018年11月27日

Mリーグも早いもので折り返しを過ぎた。

チームランキングを見てみよう。

ずっと首位に君臨してきたABEMASがまさかの失速。一時400pt前後あったことを考えると麻雀の恐ろしさを感じる。

Piratesやフェニックスもうまくptを伸ばせない中、勝又の復活で風林火山が首位になっている。そして同様にドリブンズ躍進の立役者となったのが…

鈴木たろうである。ここ6戦で(4・1・0・1)と、「ゼウス」は完全に復活した。ドリブンズのファンだけではなく、協会(日本プロ麻雀協会)の多くのプロ達が自分のことのように喜んでいるのが、とても印象的だ。

8/7に行われたドラフト会議にて、協会から2人しかMリーガーに選ばれなかったことに対し、悔しさを強く感じているのだろう。そうした協会員たちの想いが、エースのたろうの肩にかかっているのである。

著書「ゼウスの選択」で「麻雀はただのゲーム、人生とか美学などを持ち込むのはくだらない」と語っていたたろうが、今は苦悩で落ち込んだり、喜びを爆発させたりしている。自身のためだけではなく、ファンのため、ドリブンズのため、協会員のため…多くの人たちの魂が、たろうの選択に乗っかっているからこそ、プレッシャーは計り知れないくらい大きくなっているのかもしれない。

ここでたろうを止めないとドリブンズが抜ける——。そう思ったのかはわからないが、本日の一回戦は

女性3人で包囲網を固めてきた。

いい作戦だ。「上家・グラマー」「対面・セレブ」「下家・かわいい」の何切るに迫られては、私だったら麻雀にならない。

東1局、西家スタートのたろう。

ここからを切るかな?と思ってみていたら、たろうはを切った。タンヤオ・三色・ドラドラ…のシカマン(仕掛けてマンガン)のルートはなくなるが、瞬間のロスがなく、そしてメンゼンリーチを強く意識した選択だ。次の選択にもリーチへの意識を感じた。

私はどうしてもタンヤオの意識が強いせいかを切りたくなってしまうが、たろうはここでも打。なるほど、たしかにこの形になったら不安定な3900の1シャンテンよりはピンズの横伸びやシャボ待ちでのリーチも含めた打の方が柔軟で高そうだ。

狙い通りメンゼンでテンパイを果たしてリーチ。しかし

亜樹がたろうリーチの現物でテンパイしてダマ。追っかけリーチする人も多いのではないだろうか? さほど迷わずにスッと切ったように亜樹の選択は21人の中でも一番固い。成績にもそれが表れていて、ラスを引いていない唯一のプレイヤーとなっている。

たしかにこの手牌、ツモで打点上昇する。加えて亜樹の捨て牌が強すぎるので、2件リーチで他家を困らせるのは亜樹にとってプラスではないのかもしれない。手替わりを待ちながら数巡様子見しておいて、全員の押し引きを見つつ、のありかをはかったところでリーチにいく…という戦術もアリなのかもしれない。

それでも…である。そういった諸々を覆すくらいピンフドラ1の打点上昇は大きい、と私は考える。雀風と言ったらそれまでだし、亜樹の守備意識から学ぶことも多いが、トップの大きいMリーグのルールで守備型の打ち手はジリ貧になりがちになると推測する。

結果はすぐに黒沢からがこぼれて亜樹が2000点のアガり。

東3局。

この配牌からたろうはを切った。字牌を残すMリーガーが多いが、ドリブンズの3人は意志を持って役牌から切ることが多い。親はとにかくリーチを目指した方が有利で、重ねられる前に、もしくは手牌が整う前に中を切ることで、自分の先制リーチ率を高めるという戦略だ。特にこの3人だったら中途半端な手牌で役牌をポンすることはないので、極めて効果的なのかもしれない。

「俺の親番…誰にも邪魔させねぇ」

そういう強い意志が感じられる第一打だった。

なお、対面の配牌。

セレブにとってはたろうの強い意志は無関係らしい。

いやいや、この手は意外に長引くとみた。麻雀アタマを作るのが一番むずかしい。

ほ、ほう。でもくっつきって結局愚形になるんだよね。

わずか3巡でこれである。

なお黒沢は前局ラス牌のカンチャンをツモり、マンガンをアガっている。持っているものが違う…なんて概念は存在するのか?

そんなセレブリーチを受けたたろうの8巡目。

この手牌、安全牌はだけ。たろうは形を維持してを切った。これが例えばパイレーツの3人のリーチだったら現物のを抜いていたのかもしれない。

というのも、黒沢は愚形2600のリーチを打つことはほとんどない。そんなものは庶民にやらせておけばよい。その分、筋が通りやすくなっていると言える。こういったデータが頭にあったからこそ、たろうはこれくらい遠い手でもを切ったのだ。

この粘りの姿勢が

チートイドラドラのテンパイを呼んでリーチ!しかし

を掴んでセレブへの放銃になった。

(ああん?)

本人は至って普通にしているのだろうが、たろうは負けていると本当に嫌そうな顔をする(笑)

(…また裏が乗らないわ)

卓上の雰囲気がやや悪くなった東4局だった。

たろうはこの手牌で上家から打たれたをスルー。ラス目だから当然のように見えるが、おそらくラス目じゃなくてもたろうはスルーしたように思う。たろうは自分の手牌が1番早いと思ったら、必ずマックス打点を狙いにいく。速度を打点に変換するイメージだ。

狙い通りメンゼンテンパイし、リーチにこぎつける。

それを受けた黒沢の手牌。

この手をどうするか。を切ればテンパイだが、愚形5200で追っかける姿はセレブにとって似つかわしくない。かといってもたろうのリーチに通っているわけでもない。黒沢も迷いに迷った。

(たろちゃん、何が通るの?)

 

(知るかよ)

みっともないリーチは打てない黒沢家のしきたりと、トップ目であるという2つの要素からマンズを切ってオリると思って見ていたが…

を勝負!

巡目はやや深いが、形としては申し分なく、ドラがだから打点も期待できる。2牌通すことを前提としているものの、通っていない筋も多く、ギリギリ見合うと判断したのだろう。たろうの息の根を止めんとする、柔らかく、そして力強い押し。

見事追っかけリーチを打ち、たろうからアガリ切った。打点を追求したたろうとセレブの意地を貫き通した黒沢の素晴らしい1局だった。

南2局、この局も面白かった。

まずは黒沢がしきたりを守って

この手を打ダマ。この巡目ならいっそテンパイとらずの

を選択すると思ったが、

ひょっこりツモの1種に対し、

増えるリャンメン変化が2種では見合わないと見たのだろう。

同巡、役牌をポンしている亜樹がテンパイする。待ちのは山にごっそりいて、時間の問題かと思われた。

黒沢がを吸収し、打。しきたりのおかげで放銃回避しつつ出アガリが利くようになった。テンパイしたら何でもリーチにいってしまう庶民の私なんかは、リーチしない世界を覗くのは新鮮に感じる。そのに飛びついたのが親の高宮。

ドラアンコの12000点テンパイだ。さらにこの鳴きに反応したのが亜樹だ。

このツモってきたが切れずに迷う。場を見渡し、最後に自分の手牌を愛おしそうに眺めたかと思いきや、すぐにを打った。

たしかに高宮はリャンメンチーだ。

それもという強い部分を鳴いているので高打点の可能性は高いだろう。しかし巡目がもう深い。安いことやテンパイしていないことだって十分にある。高宮の捨て牌をみると

ドラのを固めているとすると、ソウズは一番危険。それでもからまで通っていない。テンパっているかどうかもわからず、高いかどうかも不明、そして通る筋もまだある。しかし、亜樹はそういった誘惑に屈しない。高打点をテンパイしているとしたらは一番切れない筋だ。ここで親マンを放銃したらラスまで見えてしまう。リャンメンテンパイしているにもかかわらず、ここでソウズを打たないのが亜樹の持ち味だと言えよう。

結果は黒沢がアガリを拾うことに。女性3者の思惑が交錯した、見応えある一局だった。

そして南3局、たろうの親。ここまで女性…というかセレブにやられっぱなしだったが、この最後の親は黙ってはいない。たろうの静かな闘志に呼応するかのように、ファーストテンパイが入った。

この手牌をダマに構える。あくまでも私の推測だが、直後にが出たりツモったりしてもアガらなかったと思う。

この手牌はツモで打点も待ちも良くなり、

ツモでもフリテンリーチにいける。次に先制できるとは限らず、それならば今やってきたこのチャンス手を最大限伸ばしていくのがたろうの打ち方だ。トップの偉い協会ルールにおいて比類なき強さを誇ったたろうの麻雀は、同様にトップの偉いMリーグのルールにも違和感なく適応してきていると感じる。

3巡後にたろうがツモってきたのは

だった…難しい。を切る手もあろう。しかしマンズの受け入れが増える代わりに、

ツモで微妙なテンパイになってしまう。

なんか対面のセレブがドラのを切ってきたし、もう先手と言える状況でもなくなった。このままリーチして牽制するか?セレブもさすがに親のリーチには降りるだろう。

(いや、やつのことだからわからないな。今日ヤられてるし…)

と思ったかはわからないが、切りダマ続行とした。このあたりから出てもロンするか難しいラインだったと思う。その後…

と打たれ、手替わりが薄くなったところでさすがにリーチに踏み切った。意外だったのは黒沢だ。

この手牌で、

上家の亜樹から打たれたをチーしてケーテン取り。

セレブのお戯れか。

その後にハイテイで通ってないをツモってくる。

5万点あるし、さすがにオリるかと思ったが

押した!

たろうはツモ切りリーチだ。愚形の可能性が高く、それならばは通る。たまに高い好形のケースもあるが、ドラが5枚見えた今回の状況ではその可能性もかなり低いとみたのだろう。こうして黒沢はケーテンをもぎとった。

(庶民の真似事なんていつでもできるのよ♪)

と思ったかどうかはわからないが、読みの深さやそれを信じる度胸を垣間見た。次局、たろうの親を落とした黒沢がトップを取り切った。震撼するセレブの半荘だった。

(黒沢+71.9 二階堂+1.3 高宮-20.0 たろう-53.2)

 

二回戦、連闘したたろうがトップを取り返す。ラスを引いた後なのでホッとしていることだろう。この半荘もみどころが多かったのだが、スペースの都合で紹介できないのが辛いところである。

(たろう+67.5 高宮+8.8 萩原-27.1 勝又-49.2)

 

ここのところのたろうは、トップかラスかという結果が続いている。それはたろうの高打点を作って前に出る麻雀からするとある程度は予想通りなのだろう。本日も終わってみればプラスだ。

トップ率35.6%

ラス率17.7%

累計スコア+2671.3p(6年・240半荘)

この数字はたろうの2017年までの協会Aリーグでの戦績である。短期による上振れはあるかもしれないが、Aリーガー相手に異常な成績だと言える。

「ゼウス」と崇められ、協会員の期待を一身に背負うたろうが完全復活したら、確実にプラスを計上し続けるということだ。

またドリブンズには、最高位戦のエースである村上と、Mリーグで才能を存分に発揮している園田がいる。

折り返し地点に到達し、上下ともに差はわずかではある。

しかし、内容をみるとドリブンズの躍進を十分に感じることができた前半戦だったと言えるだろう。

 

ZERO(ゼロ)

麻雀ブロガー。フリー雀荘メンバー、麻雀プロを経て、ネット麻雀天鳳の人気プレーヤーに。著書に「ゼロ秒思考の麻雀」。現在「近代麻雀」で『傀に学ぶ!麻雀強者の0秒思考』を連載中

 

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs麻雀格闘倶楽部vs雷電

【関連記事】
さらば昨日までの自分 ダークサイドに堕ちた魔法少女・白鳥翔【熱論!Mリーグ】担当記者:花崎圭司
ありがとうMリーグ 無免許観戦記者、最後の奉公【熱論!週刊Mリーグ】担当記者:グレート巨砲
最速最強の鬼モードへ…多井隆晴がついに拳を握りしめた【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー
小林剛は“ビタ止め”をするべきだったのか?【熱論!Mリーグ】担当記者:阿部柊太朗
Mリーガーの“選択”僕たちは魚谷の変化にいくつ気付けたか【熱論!Mリーグ】担当記者:masasio
「少牌」「裏ドラ」の存在を有名にする男…我こそは滝沢和典【熱論!Mリーグ】担当記者:阿部柊太朗
“たろう、園田、村上「三人のおじさん」は知恵と勇気を振り絞るよ Mリーグの荒波に向かって【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司
“ロボ・小林vsセレブ・黒沢”Mリーグの気まぐれが生んだ迷勝負【熱論!Mリーグ】担当記者:ZERO
Mリーグ観戦記者が「黒沢咲のセレブ打法」という謎ゲームを実況解説してみた!【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介