多井隆晴、完璧なる半荘のはずが… 初トップなれど、まさかのイエローカード!




多井隆晴、完璧なる半荘のはずが…
初トップなれど、まさかのイエローカード!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の6日目第1戦は多井隆晴(渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。東1局から親ハネマンを含む3連続アガリで盤石かと思われたが、なんと多井はツモ山を崩してしまい、イエローカードをもらってしまう。結果、渋谷ABEMASに初トップをもたらしたものの、多井本人は反省しきりの1戦となった。

1回戦の対局者は、赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦日本プロ麻雀協会)、セガサミーフェニックス・和久津晶(日本プロ麻雀連盟)、TEAM雷電・萩原聖人(日本プロ麻雀連盟)、そして多井

起家の多井、開局1巡目からを一鳴きしてがむしゃらにテンパイに向かう。さらにポン、カンチーと積極的にしかけて、首尾よくツモアガリ。・赤1の1000オールでスタートする。

同1本場、多井が5巡目にリーチをかけて終盤にツモアガリ。ピンフ・イッツー・ドラ1・ウラ1の6000オール! 前局の果敢な仕掛けで親番をキープできたことが、このアガリに繋がった。

同2本場、村上のリーチに多井が追いかけてツモアガリ。赤1の2600オールでさらに加点する。

東2局は萩原と和久津のリーチ合戦。結果は和久津がホウテイで萩原に放銃。ドラ3・ウラ1の12000と、初出場の和久津が大きく後退してしまう。

東3局、今度は先程アガった萩原が放銃に回る。村上のリーチ一発目、萩原が切った雀頭のが命中! 一発・赤1・ウラ2の12000点を失ってしまう。

多井ダントツ、村上と萩原の競りで迎えたオーラス。先手を取ったのは親の萩原。のシャンポン待ち。これに和久津が1枚切れのをツモ切りで放銃。一発と赤1で12000点のアガリ。これで萩原がトップを狙える位置まで来た。

が同1本場、多井が6巡目にタンヤオ・赤2のヤミテンをテンパイし、これに萩原が飛び込んで5200。トップ多井、2着萩原でゲームセットとなった。

勝利者インタビューで多井は「ゴメンナサイ、こぼしちゃった…。なんか申し訳ないなァ…と反省しきりだった対局については「どうしてもトップを取りたかったので、普段やらないイチナキもしました。決勝戦みたいなここぞというとき、トップかラスでいい、でも2回に1回はトップ取っちゃうよという気合を入れたときにやるんですけど、やっちゃいました」と早くも背水の陣を思わせる語り様だった。

▲東1局1本場の多井の親ハネマン

【Result】

1着 渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU) 5万2900点/+72.9
2着 TEAM雷電・萩原聖人(日本プロ麻雀連盟) 3万900点/+10.9
3着 赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦日本プロ麻雀協会) 2万6800点/▲13.2
4着 セガサミーフェニックス・和久津晶(日本プロ麻雀連盟) ▲1万600点/▲70.6

【Total】

1位 EX風林火山 +64.4(6/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +46.0(6/90)
3位 セガサミーフェニックス +42.6(5/90)
4位 TEAM雷電 +20.3(5/90)
5位 U-NEXT Pirates +6.5(6/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲28.9 (6/90)
7位 渋谷ABEMAS ▲56.1(5/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲94.8(5/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

10月8日の対戦は
TEAM RAIDEN / 雷電vsセガサミーフェニックスvs赤坂ドリブンズvs渋谷ABEMAS

キャスト

TEAM RAIDEN / 雷電
セガサミーフェニックス
赤坂ドリブンズ
渋谷ABEMAS
実況:松嶋桃
解説:佐々木寿人
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ2019 雷電vsフェニックスvsドリブンズvsABEMAS