日向藍子、大逆転!! 地獄の門番から親マンを直撃!! 麻雀格闘倶楽部・雷電を絶望に突き落とし、優勝目指して快勝!!

日向藍子、大逆転!!

地獄の門番から親マンを直撃!!

麻雀格闘倶楽部と雷電を

絶望に突き落とし、

ABEMAS優勝目指して快勝!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のセミファイナル11日目、第1戦は日向藍子渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。試合は東場でバイマンをアガった前原がリードしていたが、南場の親番で日向が爆発。前原からマンガンを直撃して一気に逆転。オーラスも前原直撃で自力で勝利を決めた。

第1戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳KONAMI麻雀格闘倶楽部前原雄大TEAM雷電黒沢咲、そして日向の4名。

東1局は、南家・黒沢と親の岡田のリーチ対決。しかし、結果は日向のアガリ。【發】をアンコのチャンタ仕掛けを入れていた日向がツモアガリ。700・1300とリーチ棒2本を手に入れる。

東3局、南家・前原に超弩級の手が入る。4巡目リーチの手はメンホン・ドラ2・赤1の【5マン】【8マン】【西】待ちの変則3面張(ドラ【7マン】)。11巡目にに【西】をツモって4000・8000。前原が一気にトップに躍り出る。

前原は南2局にも、ドラの【西】をポンしたマンガンをツモアガリ。ここで絶対にトップを落とせない、雷電・黒沢の親を落とす。

しかし南3局1本場、日向にチャンス手が入る。5巡目にカン【6ソウ】を赤入りでチーしてテンパイ。自風【東】アンコのホンイツ【1ソウ】【4ソウ】【中】待ちのマンガン手。対抗して前原がリーチをかけるが、【1ソウ】を掴んで返り討ちに合う。このマンガンの直撃で一気にトップが入れ替わる。

オーラス、再起をかけてリーチをかける親の前原を、日向がチートイツ・ドラ2のヤミテンで仕留めて試合終了。

トータル首位のABEMASがポイントを伸ばし、トップのほしい麻雀格闘倶楽部は惜しくも取りこぼし。雷電は1000点差のラスに泣いた。

日向はインタビューで、

「いつにもまして対局が始まる前から緊迫した雰囲気が全選手出てて、その中でしっかり結果を出せたのはとてもうれしく思っています。ABEMASの目標は優勝ですので、さらにポイントを伸ばしてファイナルもがんばっていきたいと思います」

と語った。

【Result】
1着 日向藍子・ABEMAS 5万200点/+70.2
2着 前原雄大麻雀格闘倶楽部 2万8600点/+8.6
3着 岡田紗佳サクラナイツ 1万1100点/▲28.9
4着 黒沢咲・雷電 1万100点/▲49.9

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +358.2(13/16)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +244.4(13/16)
3位 赤坂ドリブンズ +67.4(14/16)
4位 EX風林火山 ▲30.0(14/16)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲58.8(15/16)
6位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲250.5(15/16)
7位 U-NEXT Pirates
8位 セガサミーフェニックス

「朝日新聞Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ11日目」

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞 Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ」
4月29日の対戦はKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!