松本吉弘、四暗刻ツモで超特大トップ!! ABEMAS、同日2連勝でエンジン全開!!?

松本吉弘、四暗刻ツモで

超特大トップ!!

ABEMAS同日2連勝で

エンジン全開!!?

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のセミファイナル11日目、第2戦は松本吉弘渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。東1局1本場に四暗刻をツモった松本が、6回のアガリを決めてプラス100ポイントオーバーの大トップ。ラスの雷電は勝ち上がりがほぼ絶望。麻雀格闘倶楽部は明日の風林火山の結果待ちという状況になった。

第2戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人TEAM雷電瀬戸熊直樹、そして松本の4名。

東家・瀬戸熊と西家・松本の2人テンパイで迎えた1本場、松本が【4マン】を暗カン。リンシャンからの【2マン】ツモでツモリ四暗刻のテンパイ。待ちは【9マン】【3ピン】

内川からリーチが入るが、松本は【9マン】を引き当てる。8000・16000のアガリで、松本が早々に大量リードを手に入れる。

しかし、松本の好調ぶりはこれから。東2局は、リーチ・ピンフ・ツモ・ドラ1の1300・2600。

東3局は、ホンイツ【白】の2600オール。東4局2本場では喰いタン仕掛けの・ドラ3・赤2の3000・6000。東場で8万点の点棒をかき集める。

南1局は、リーチ・タンヤオピンフ・赤1の8000点を瀬戸熊から仕留めて、ついに9万点オーバー。余裕のトップを決める。

2着には、ラス親で瀬戸熊とのリーチ合戦に競り勝ち、リーチ・タンヤオハイテイ・ドラ1・ウラ4の24000点をアガった内川が滑り込んだ。

セミファイナル最終日で、なんとしても大きなプラスが必要だった麻雀格闘倶楽部と雷電は、ここでの敗退が濃厚となった。

松本はインタビューで、

「出来すぎでしたね。今季通じてたぶん一番手が入った半荘でしたし、うれしいですけど本当に出来すぎだなという感じで終わりました。明日1日残ってますが残されたファイナルの4チームの選手は、敗退したチームの分も死にものぐるいで闘うのでファイナルもぜひ、ご視聴応援よろしくおねがいします」

と語った。

【Result】
1着 松本吉弘・ABEMAS 9万3700点/+113.7
2着 内川幸太郎サクラナイツ 4万1400点/+21.4
3着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 500点/▲39.5
4着 瀬戸熊直樹・雷電 ▲3万5600点/▲95.6

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +471.9(14/16)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +265.8(14/16)
3位 赤坂ドリブンズ +67.4(14/16)
4位 EX風林火山 ▲30.0(14/16)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲98.3(16/16)
6位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲346.1(16/16)
7位 U-NEXT Pirates
8位 セガサミーフェニックス

「朝日新聞Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ11日目」

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞 Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ」
4月29日の対戦はKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!