今日の悔しさを未来への糧に 小さな石に魂を込めて闘った TEAM雷電 黒沢咲とKONAMI麻雀格闘倶楽部 前原雄大【Mリーグ2020セミファイナル観戦記4/29】担当記者:ゆうせー

今日の悔しさを未来への糧に

小さな石に魂を込めて闘った

TEAM雷電 黒沢咲と

KONAMI麻雀格闘倶楽部

前原雄大

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2021年4月29日

1戦目

東家 岡田紗佳(KADOKAWAサクラナイツ)

南家 黒沢咲(TEAM雷電)

西家 日向藍子(渋谷ABEMAS)

北家 前原雄大(KONAMI麻雀格闘倶楽部)

実況 日吉辰哉  解説 土田浩翔

東3局

穏やかだった試合が動く。

ドラは【7マン】。燃え盛るような手牌の主は、

前原雄大。ファイナル進出まであと2戦。5位格闘俱楽部は、ファイナル進出ボーダーの4位風林火山まで、あと37.4pt。

“勝ちたい”

大一番を託された前原。その熱き心が配牌に宿り、

ツモと融合してゆく。

リーチメンホン赤ドラドラ。【5マン】【8マン】【西】待ち、紅蓮の7翻リーチ。

そしてこの日、絶対に負けられない選手が、もう一人いた。

TEAM雷電黒沢咲

現在6位の雷電。ファイナルへは今日の2戦のどちらとも大きめのトップが必須。1戦目で勝利を挙げて、2戦目の選手へ希望を繋げたい。

その黒沢、

リーチを受けてこの手となる。【4マン】【8マン】を切ればイーシャンテン。

対峙する二人。黒沢が切ったのは、

【4マン】だった。ドラ【7マン】を受けられるように【8マン】を留める。

その後もまわる黒沢。そして12巡目には、

再びイーシャンテンに。

黒沢は、

【2ソウ】を切って踏みとどまる。

“トップ条件の半荘だから”

そう言って、ポツンとある【8マン】を打つのは簡単だ。

ここで我慢出来るからこそ、黒沢がこの半荘を任されているように感じた。

黒沢が【2ソウ】を切った10秒後、

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!