松本吉弘、沈黙の四暗刻 敗者を乗り越え思いを背負い、勝者は頂を目指す【Mリーグ2020セミファイナル観戦記4/29】担当記者:東川亮

松本吉弘、沈黙の四暗刻 

敗者を乗り越え思いを背負い

勝者は頂を目指す

文・東川亮【木曜担当ライター】2021年4月29日

KONAMI麻雀格闘倶楽部TEAM雷電にとっての、朝日新聞Mリーグ2020セミファイナル最終戦。

ファイナル進出に向け、2チームともこの試合に望みをつなぎたかったが、残念ながら雷電の可能性は初戦の4着で潰えてしまったと言わざるを得ない。

KONAMI麻雀格闘倶楽部の命運をかけた一戦に出てくるのは、やはり佐々木寿人

ファミリーは、98200点の大トップを決めた一週間前の再現を期待する。

筆者も、佐々木寿人がギリギリまで可能性を残す戦いをしてくれるのかな、と思っていた。

しかし、現実はかくも美しく、そして非情。

そんなことを感じさせられる試合となった。

4月29日 第2回戦

東家:瀬戸熊直樹TEAM雷電

南家:佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部

西家:松本吉弘渋谷ABEMAS

北家:内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ 

東1局

ある種、この試合を象徴するようなシーンが訪れる。

松本と瀬戸熊の2軒リーチに挟まれた寿人の最終手番。

寿人は松本のリーチがかかってから受け気味に進行していたが、ハイテイ手番で再度テンパイした。

暗刻の【7ピン】を切って通れば、テンパイ料はゲットできる。

 

ここで、寿人が珍しく長考した。

【7ピン】は松本にスジだが、瀬戸熊には無スジ。

しかも瀬戸熊はドラ切りリーチの前の出だしが【5ピン】で、【7ピン】はそれなりに危なそうに見える。

ここで1000点のために無理をしてもいいのか、それとも1000点たりとも逃してはいけないのか。

普段の寿人であれば、押すにしろオリるにしろ、すっと決めていそうな局面。

考える姿に、この一戦にかかるものの重さが見て取れる。

 

寿人の選択はテンパイ取らず。

【5ピン】は瀬戸熊には通るものの、松本のチートイツの待ちだった。

6400、裏が乗れば12000の失点を回避。

「今日の寿人ならやれる」

そんなファミリーの思いは次局、想像もしなかったような出来事で打ち砕かれた。

 

東1局1本場

松本がチートイツのイーシャンテン、寿人もホンイツチートイツと、トイツ手がぶつかりそうな場になった。

松本は【東】を引き、打【4ピン】

【4ピン】がすでに2枚切れており【2ピン】【5ピン】の受けは良さそうに見えたが、ここでトイツ手1本に絞った。

そこから【4マン】を重ね、四暗刻のイーシャンテンに。

次巡、松本がさらに【4マン】を引いて4枚にすると、カン【3マン】ターツを残さず暗槓に踏み切った。

するとリンシャン牌で引き入れたのが、なんと【2マン】

ツモり四暗刻テンパイ、松本はこれをダマテンに構えた。

待ちは【3ピン】【9マン】

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!