小林剛、頼れる船長がファンに勝利を携えて凱旋帰港!!

小林剛、
頼れる船長がファンに
勝利を携えて凱旋帰港!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の69日目第2戦は、小林剛U-NEXT Pirates)がトップを獲得。

小林は、勝負どころを悉く競り勝って、一時は6万点を超える大トップを獲得。1戦目の石橋のマイナスをリカバーしてお釣りが来る加点で、ポイントはプラス域に浮上し、着順はワンランクアップの4位となった。

2回戦の対局者は、セガサミーフェニックス和久津晶KONAMI麻雀格闘倶楽部高宮まりKADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎、そして小林。

高宮リードで迎えた東3局2本場、和久津がドラのアンコのテンパイ。高宮、内川もテンパイという煮詰まった状況。小林がピンフ・赤2をリーチして、高宮から討ち取りに成功。8000点で小林が逆転トップ目に立つ。

南1局1本場、親の和久津が赤2の先制リーチをかけると、小林がノベタンの待ちで追いかけリーチ、そしてツモ! ドラ1・ウラ1の2000・4000で和久津の親を潰す。

そして続く南2局、小林の親番。3着目となった和久津がのシャンポン待ちでリーチ(ドラ)。対する小林もをポンしてアンコのテンパイ。そして和久津の捨て牌のスジのを1枚切ってカン待ちのテンパイに受ける。そしてこのを和久津が掴んでしまい、・ドラ3の12000点の痛恨の放銃。

このアガリが決め手となって、小林が6勝目を獲得。パイレーツはトータルポイントがプラスとなって、4位に浮上した。

勝利者インタビューで小林は「良かったですね、緊張感がいつも以上にあったのか、全身疲れましたね。(ファンの方々へ)いつもハラハラさせてすみませんが、ようやくトップ取れました。(1回戦捲逆転された石橋選手に)何やってんだという方もいるかもしれませんが、意図が伝わってくれればいいかと思います。今回は捲って良かったですねとチームメイトへの気遣いを見せた。

▲南2局、小林の親マンガンに歓喜するPV会場

【Result】
1着 小林剛・パイレーツ 5万7800点/+77.8
2着 高宮まり麻雀格闘倶楽部 2万4600点/+4.6
3着 内川幸太郎サクラナイツ 1万3800点/▲26.2
4着 和久津晶・フェニックス 3800点/▲56.2

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +353.1(70/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +99.9(70/90)
3位 TEAM雷電 +53.9(68/90)
4位 U-NEXT Pirates +37.9(70/90)
5位 渋谷ABEMAS ▲16.1(68/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲93.1(70/90)
7位 EX風林火山 ▲141.9(68/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲293.7(68/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

2月3日の対戦は
Pirates vs フェニックス vs 麻雀格闘倶楽部 vs サクラナイツ

キャスト

U-NEXT Pirates
セガサミーフェニックス
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
KADOKAWAサクラナイツ

(C) M.LEAGUE
大和証券 Mリーグ2019 U-NEXT Pirates vs セガサミーフェニックス vs KONAMI麻雀格闘倶楽部 vs KADOKAWAサクラナイツ

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!