あなたなら、押す?押さない?試合の結果を左右するMリーガー押し引きetc.判断6場面【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー

熱論!Mリーグ【Mon】

あなたなら押す?押さない? 

試合の結果を左右する

Mリーガー押し引きetc.

判断6場面

文・ゆうせー【月曜担当ライター】2020年2月3日

2月3日(月)の第1戦目はプレミアムナイトにふさわしい、手に汗握るスレスレの押し引きが明暗を分けた試合だった。

この記事ではその中でも6つの場面を厳選し、Mリーガーの押し引きや鳴き判断、リーチ判断を紹介したいと思う。

クイズ形式になっているので、ぜひ「自分ならどうするだろう?」と考えながら、読んでいただけると非常にありがたい。

1戦目開始時点でのチームポイントは、

このようになっている。

1戦目

東家 魚谷侑未(セガサミーフェニックス)

南家 佐々木寿人(麻雀格闘倶楽部)

西家 石橋伸洋(U-NEXT Pirates)

北家 沢崎誠(サクラナイツ)

実況 小林未沙

解説 土田浩翔

①南1局 石橋の押し引き

魚谷が、7巡目にポン。9巡目にはを加カン。さらに寿人が11巡目にをポン。

を持ってきた石橋。自身はを鳴いている。

盤面はこのようになっている。

(明るい牌が手出しの牌、やや薄暗くなっている牌がツモ切りの牌です。)

さて、あなたならどうする?

切りプッシュ

を切って回る

切りテンパイ取り

石橋の選択は…

 

 

③打テンパイ取り!

もう一度盤面を見てみよう。

は魚谷にも寿人にも通っていない、かなりの危険牌だ。石橋の2000点の手で勝負するのは心もとない。

を切ってまわった場合には、残り巡目も少ないうえ、石橋が鳴きたいを寿人が切ってくれる可能性が低いため、テンパイをとり直せるかが怪しくなってしまう。

ここは石橋、を切ってテンパイをとり、が出たら、もしくはを引いたならそのままアガリ。を引いたらを切ってテンパイをキープしながら受ける。という作戦に出た。

このとき、

なんと寿人は待ち。

(問題の場面での全員の手牌と河)

見事な石橋のビタ止めであった。

この局石橋は、マンズを引いてさらにまわり、最終的に、

魚谷との二人テンパイに持ち込む。を切っていれば3900の放銃になっていた局を、1500点の収入にした価値は大きい。

②南1局2本場 魚谷の押し引き

南1局0本場を流局テンパイでつないだ魚谷。続く1本場で4100オールのツモアガリを決め、一躍トップ目にまでかけあがる。

そして南1局2本番、

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!