魚谷侑未、パブリックビューイングの期待に応えた7勝目!! チームポイント400超え!!

魚谷侑未、
パブリックビューイングの
期待に応えた7勝目!!
チームポイント400超え!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の69日目第1戦は、魚谷侑未セガサミーフェニックス)がトップを獲得。

本日はMリーグプレミアムナイト南場というパブリックビューイングイベントの日。魚谷は会場の声援に応えて勝利を獲得。個人7勝目をあげて、フェニックスは400ポイントの独走態勢に入った。

1回戦の対局者は、U-NEXT Pirates石橋伸洋KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人KADOKAWAサクラナイツ沢崎誠、そして魚谷。

南1局1本場、ラス目で迎えた魚谷の親番。ピンフ・赤1でリーチをかけて、ツモアガリ。ウラが1枚乗って4000オール。この一撃でトップ目に立つ。

南3局には、南家の沢崎がとポンして大三元のイーシャンテン。そして沢崎がドラのを切ると、すでに3副露していた佐々木がポンして、裸単騎に構える。

これに自風のがアンコの魚谷、をカンチャンでチーして、赤3のテンパイ。待ちはカン

そして沢崎がついにのシャンポン待ち、高め大三元のテンパイ。

役満対ドラポン対赤3の三つ巴の闘い、この局を制したのは魚谷。単騎待ちに構えていた佐々木がを掴んで、魚谷に放銃して決着。魚谷、8000点の加点に成功する。

オーラス1本場、トップ目沢崎と2着魚谷の点差は3100点。タンヤオピンフイーペーコー、高めドラでヤミテンしていた魚谷に、リーチの沢崎がドラで放銃してゲームセット。

魚谷が7勝目をあげて、チームポイントを400の大台に乗せた。

勝利者インタビューで魚谷は「今日(PVの)会場で応援してくださる皆様、いい報告ができて良かったです。ありがとうございます(笑)近場で応援してくださってる方がいると思うと、いつも以上に自分が背負っているものは重いな、と思ってましたと語った。

▲PV会場は魚谷の勝利に沸いた

【Result】
1着 魚谷侑未・フェニックス 3万9900点/+59.9
2着 沢崎誠サクラナイツ 2万4400点/+4.4
3着 石橋伸洋・パイレーツ 2万800点/▲19.2
4着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 1万4900点/▲45.1

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +409.3(69/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +126.1(69/90)
3位 TEAM雷電 +53.9(68/90)
4位 渋谷ABEMAS ▲16.1(68/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲39.9(69/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲97.7(69/90)
7位 EX風林火山 ▲141.9(68/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲293.7(68/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

2月3日の対戦は
Pirates vs フェニックス vs 麻雀格闘倶楽部 vs サクラナイツ

キャスト

U-NEXT Pirates
セガサミーフェニックス
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
KADOKAWAサクラナイツ

(C) M.LEAGUE
大和証券 Mリーグ2019 U-NEXT Pirates vs セガサミーフェニックス vs KONAMI麻雀格闘倶楽部 vs KADOKAWAサクラナイツ

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!