今日の悔しさを未来への糧に 小さな石に魂を込めて闘った TEAM雷電 黒沢咲とKONAMI麻雀格闘倶楽部 前原雄大【Mリーグ2020セミファイナル観戦記4/29】担当記者:ゆうせー

麻雀閻魔、前原が【西】を手繰り寄せた。

リーチツモメンホン赤ドラドラ。4000-8000のツモアガリ。

全国各地で湧き上がる、格闘俱楽部ファンの声が聞こえる。

待望のトップ目に立った前原。

やすやすと逃がすわけにはいかない黒沢。

南1局

黒沢は第一打に時間を使う。

黒沢は、

【2マン】を選んだ。

この手牌が、

13巡目に役満のイーシャンテンになることを、誰が想像出来ただろうか。

黒沢は見ていたのだ。細い細い国士無双への道のりを。

黒沢の欲しい【白】【9ソウ】はまだ山に残っている。

しかし、

日向からリーチがかかっていた。

打ち込んでトップとの差を広げたくはない。

少なくなる牌山。

終盤に黒沢は、

【7マン】【5ソウ】の2枚を切らないと前に進めなくなってしまう。

雷電のためにトップが欲しい。どうしても欲しい。

じっと盤面を見つめた後で、

大きく息を吸い込んで、黒沢は、

【7マン】を切って出た!残り少ないチャンスを逃すわけにはいかない。

ファンの思いと自身の魂を乗せて、文字が刻まれた小さな石を選手達は河に並べる。

その刹那、

日向がツモアガリ。黒沢の押しは実らなかった。

しかし、次の南2局は黒沢の親番だ。

第一打に打たれた【東】を悠然と見送り、

4巡目には、

ここから打【東】!残り1枚受けの【東】トイツに別れを告げて、【6ピン】【6マン】を使っての新たな出会いを探す一打だ。

ここから【東】を打つプレーヤーは黒沢以外にいるのだろうか?ちょっと私には心当たりがない。

薔薇の花びらが舞い散る優雅なセレブ打法を駆使して黒沢は、

7巡目には良形2つのイーシャンテンへと手を進める。

【東】のトイツ落としが他家へ、

“役牌をトイツ落としするぐらい、いい手ですわよ”

というメッセージにもなっている。

10巡目にはドラの【西】もツモ切る。

「ポン」

前原が動いた!

自風のドラ【西】を鳴いてのイーシャンテン。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!