ASAPINの「超頭脳何切る」Q11





手組6

関連牌がそこそこ切られているイーシャンテン。
一番受け入れが広くなるのは打man5-66-90-s-embだが、リーチのみになる可能性も高い。
地味な手だが、何を切るのが正着だろうか?

Q11回答はコチラ





















asappin_color
ASAPINの回答

man6-66-90-s-emb

一通を狙いたいですが、man4-66-90-s-embが二枚飛んでいるためなかなか決め打ちしにくい手牌。
何が何でもテンパイを優先するのであれば打man5-66-90-s-emb 、バランスを取るなら打pin3-66-90-s-emb、一通を固定しつつ平和変化を見るなら打man6-66-90-s-emb といったところ。まず、ペンman7-66-90-s-embのリーチのみの聴牌をしたとして、それでリーチを打つのかということが一つの分岐点となります。
東1局のこの中盤で、このペンman7-66-90-s-embはあまり積極的に打ちたいリーチではありません。テンパイすれば微差でリーチ有利くらいでしょうが、テンパイ以前の段階で他の手順が追えるのであればそちらを優先したいところです。よってリーチのみがほぼ確定する打man5-66-90-s-embは拒否。
聴牌すればやむなしとしてリーチする打pin3-66-90-s-embか、変化を見る打man6-66-90-s-embかですが、打man6-66-90-s-embとするとman9-66-90-s-embが枯れているとはいえman8-66-90-s-embが重なれば平和に移行でき、pin2-66-90-s-embの暗刻化でもテンパイは逃すものの比較的好形に変化します。愚形ののみ手リーチを打つ選択を極力取らないのであれば、打man6-66-90-s-embがベストでしょう。

ASAPINの自信度 70%

 

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です