泰然自若・茅森早香 赤牌切りに見た、熱く燃える鋼の精神【Mリーグ2020観戦記1/2】担当記者:東川亮

泰然自若・茅森早香 

赤牌切りに見た、

熱く燃える鋼の精神

文・東川亮【土曜担当ライター】2021年1月2日

みなさま、あけましておめでとうございます。

今年も本観戦記をよろしくお願い申し上げます

さて、2021年の大和証券Mリーグはお正月3が日の1/2からスタート。

年始初戦となるこの日の第1回戦では、お正月にふさわしいド派手なアガリが炸裂した。

(詳しくは第1回戦の観戦記をチェックしてみてください)

そして迎える第2回戦は大ベテラン2人にドラフト1位、チーム勝ち頭という顔ぶれ。

特に連闘で臨む茅森早香にとっては、チームが低迷している現状、何としても勝ってチーム再浮上のきっかけを作りたいところだ。

第2回戦

東家:沢崎誠KADOKAWAサクラナイツ

南家:茅森早香セガサミーフェニックス

西家:多井隆晴渋谷ABEMAS

北家:前原雄大KONAMI麻雀格闘倶楽部 

東2局

親の茅森がドラドラ赤の多井、1巡目でイーシャンテンだった前原を尻目に5巡目でカン待ちテンパイとなるが、これを取らない。

を残したのは三色変化、残しはドラ受けと、高打点への変化を見据える。

7巡目に再びテンパイ。

待ちはフリテンだが、構わずリーチをかけた。

親がリーチと言えば、子方は少々押しにくい。

足止めを狙いつつ、高目ツモなら三色がついて高打点になる手だ。

ツモったのは残り1枚だった安目だったが、裏ドラを1枚乗せて2600オール。

次局は4巡目にをポン。

ドラ赤を持っており、5800クラスの中打点は十分視野に入る。

9巡目にはの形から引き。

欲張るならドラ全てを使い切る切りだが、ここはを外す。

鳴きやすさや仕掛けた後の形を重視したのだろう。

そこへ、前原がの暗槓からのリーチを打つ。

待ちはドラのだが、愚形良形何でもござれの前原のリーチだけに、立ち向かいにくい。

リーチを受けて一発目、茅森テンパイ。

ただしドラか赤を切れば、の話だ。

どちらにしても、一発で切るにはリスクが高すぎる。

しかもなら一発放銃だ。

 

茅森はそう迷わず、涼しい顔で赤を河に置いた。

そしてドラをツモ、前原との引き合いを制した。

読みか、それとも感覚か。

いずれにしても、4000は4100オールの大物手成就は、打で前原に放銃したケースと比べればまさに天地の差だ。

連荘する茅森は、東2局3本場でも待ちの七対子でリーチを打つ。

そこに敢然と立ち向かったのは多井。

自身がドラ赤という高打点の手なら、守備型と言われる多井でも押しの一手だ。

イーシャンテンからと厳しい牌を押し、赤を引いて茅森の現物である待ちのヤミテンに構え、沢崎から8000は8900を打ち取った。

大きなリードを持っていた茅森だったが、このアガリを皮切りに多井の猛追を受ける。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!