麻雀格闘俱楽部ファン全員が待ち望んだスピードスター佐々木寿人の『会心の一撃』【熱論!Mリーグ/FS第18節】

熱論!Mリーグ【FS第18節】

麻雀格闘俱楽部ファン

全員が待ち望んだ

スピードスター佐々木寿人の

『会心の一撃』

文・ゆうせー【FS第18節担当ライター】2019年3月24日

 

第18戦目

こんな事態を誰が予想しただろうか。

KONAMI麻雀格闘俱楽部、ファイナルシリーズ17戦を終えて、未だトップ無し。

いかに直接対決が続くとはいえ、いかにドリブンズの包囲網が敷かれるとはいえ、あと7戦で700ポイントもの差を詰めるのは困難を極める。

だが、やるしかない。KONAMIサポーターは信じるしかない。

18戦目はこの男に託された。

エース、佐々木寿人

 

 

東1局

寿人の判断は速い。

8巡目、

ツモってきたを、

瞬く間に切っていた。

言うまでもないことかもしれないが、寿人は無造作に選んでいるわけではない。寿人が注目しているのは、

この部分だ。は既に2枚切れ。見づらくて申し訳ないが、対面が5巡目にも1枚切っている。シャンポン受けは残り1枚とものすごく薄い。

そして、1巡でもを手に置いてしまったときにはもちろん、Mリーガーのような超一線級が相手だと、

を「少し悩んで」ツモ切りしたときにもの周りの警戒レベルが引き上げられてしまう。

それでは、4巡目にスジのを切って場によさげなに照準を合わせたのが台無しだ。

寿人の判断が速いのは、

を引いたらツモ切る」

ということが事前に決断出来ているからに違いない。

あらかじめ引く牌を想定して、自分の中できちんと準備出来ているからこそ、スピーディーかつキズの無い寿人の打牌が生まれるのだろう。

次巡、

の方を引き入れて音速でリーチ!

すると、

寿人のリーチ宣言牌、を亜樹が鳴いて積極的に参加する。レギュラーシーズンでは、このような場面で慎重な打ち回しを見せていた印象の亜樹。だが、ドリブンズを追いかける立場になったファイナルシリーズの今は、ギアをチェンジしてトップをもぎ取るために踏み込んできた。

勝負の行方は…

 

亜樹のテンパイ打牌を寿人がとらえた。

リーチ赤1、寿人の2600点のアガリとなった。

少し、寿人の表情が緩んだように見えた。

東3局

なにはともあれ、寿人の判断は速い。

親番寿人の9巡目、をツモってきて…

ノータイムでツモ切り。

実は寿人、このように

中盤で手がそこまでよくないときは字牌を安全牌で持つことが多い。

ガンガン攻めていく攻撃力が持ち味の寿人だが、それは切り込める手が出来てからの話だ。

無駄な放銃はしないように、また、押し返すときに勝負する牌をいたずらに増やさないように、「微妙な手では字牌を持つ」というのが「ヒサトシステム」として決められているのではないだろうか。

そしてこの場面では、周りはが2枚(画像では見えないが、対面の7巡目が)が2枚切れていて、は使いづらい。

前もって、「の部分を伸ばしてあわよくば678三色を狙うか、ドラの周りを使う。それ以外の牌は切り、安全牌としてを残す」ということが寿人の中で意志として固まっているように思う。だからこそ、ノータイムでを切ることが出来るのだ。

そこに、

たろうからリーチが飛んでくる。待ちはドラの単騎。

トータルでリードしているからといってずっと受けに回ることが最善手ではない。このリーチ、周りにとってドリブンズ直撃のチャンスではあるが、同時にドリブンズに加点されてしまうピンチでもある。

「リーチをかけられるのもイヤなものでしょう?」という天上からの声が聞こえてくるようだ。

このリーチを受けて、

寿人、まずはとっておいたを切る。

次の手番は、をポンしている多井。

を引き入れて、トイトイ赤のテンパイで追いついた!ツモれば三暗刻もついて満貫だ。真っ向勝負の構え。

次巡、寿人は、

残り1枚、ポンされているをゲット!ここは…

もちろん攻め込んでいく。のワンチャンス、が4枚見えでシャンポンや単騎、ノベタンも無いなどの理由はあるが、首位ドリブンズたろうのリーチを受けて自分が親番のイーシャンテン。これだけでも寿人が押すには十分な理由だ。

だから、

次につかんだも、

まるで安全牌かのようにスッと切る。

ここでを寿人が通したため、

お荷物だったが処理できた亜樹にまでピンフ赤ドラ、高め一通のテンパイが入る。たろうのアガリを阻止する可能性を下げないように、ここはダマテンに構えた。

たろう、多井、亜樹、3者のテンパイに囲まれた寿人だったが…

 

「リーチ」

カンを引き入れ、を叩き切ってメンタンピンドラ1のリーチ敢行!一気に全員を飲み込もうかという勢いだ。

ファイナルにふさわしく、4者全員が激しくぶつかり合う1局となった。

結果は…

 

「ツモ」

多井が力強くをツモり上げた。

トイトイ三暗刻赤。満貫のツモアガリで勝負所を制した多井。16戦目17戦目に続き、ABEMAS3連勝が現実味を帯びてきた。

ABEMASサポーターも最高潮の盛り上がりだ。

この後寿人は、東4局

下家の親番多井をケアしながら手を進め、多井が切っているの筋、かつが3枚見えていることからカンチャンやペンチャンも可能性の低いを切って、イーシャンテンを維持するも、

これが多井への5800は6100の放銃となってしまう。この半荘も麻雀格闘俱楽部はトップがとれないのか…

そして、南3局、寿人は親番を迎える。

2巡目、

ここで寿人は、

光の速さでを切った。一見するとソウズの形がややこしいが、

のほかに、

と分けることも出来る。下の形で考えると、ここでを切ってもを引いたときには、

となって使うことが出来るので大きなロスにはならない。

丁寧に書きだすと分かるのだが、これを一瞬で判断した寿人はやはりスゴイ。

次巡、

を重ねた!これでトイトイ赤の満貫コースが見えてきた。

6巡目に場に放たれたを鳴いて、

。少しでもを打ってもらえるように先切りをした。

2巡後に、

カン材のを持ってきた!…と我々が気づいたのと、寿人が「カン」と言っていたのがほぼ同時だった。もしかしたら「カン」発声の方が速かったかもしれない。どんだけ速いんだ。

スピードスターという言葉が、所作と判断が速く華のある寿人には似合うように思う。

さて、新ドラは…

なんと!寿人がトイツで持っている牌だ。

リンシャンから引いたも秒速でツモ切り。

先ほどあげた分け方()で考えると、以外にもでテンパイが入り、しかもチーもポンも出来るという、いい形だ。

しかし、なかなかテンパイすることが出来ない。

ここはなんとしてもアガりたい寿人。機敏な動作の中にも祈りを込めながら、1巡1巡牌をツモっていく。

実は、

このとき亜樹は、赤ドラの手を、役無しカン待ちでテンパイしていた。

しかし、この表情。悩みながら亜樹は…

をツモ切った。寿人は何のためらいもなくを加カンしている。テンパイが入っていてもおかしくない。目下、ドリブンズがラス目の絶好の展開。寿人に高打点を放銃して、自分がドリブンズの目標にされるのは避けたいところだ。

しかし、いい待ちに手替わったら勝負してトップを狙いたい。簡単に手を崩すわけにもいかない。

今の手のまま思い切ってリーチにいく術ももちろんある。だが、愚形待ちでリーチにいって失点するのもまた、ドリブンズを助けることになりかねない。

悩ましい。悩ましいが故の長考だ。

寿人のノータイムでの加カンとツモ切りが、亜樹にプレッシャーを与えている。

 

 

なんとかテンパイを維持している亜樹の想いとは裏腹に、手はなかなか変化してくれない。

も寿人の最終手出しがなので怖い牌だ。けれども、ここも亜樹は押す。

しかし、こので方針転換。現状では出アガリが効かないので、タンヤオを狙って一旦テンパイを崩した。

そうこうしているうちに、

寿人が新ドラのを引いてテンパイ!待ちで、なら12000。出アガリで18000。ツモアガリなら8000オールの、超弩級の勝負手が入った。

だが、この相手だ。テンパイしているのは寿人だけではなかった。

多井がカン待ちのテンパイを入れていた。ツモれば多井のアガリだ。

多井が次巡ツモったのは…

本日ここまで神レベルの当たり牌ビタ止めを連発していた多井。ここも読みに入る。

①まず、上の画像を見ていただくと、たろうが寿人に対してアシスト気味に打ち出したを、寿人は鳴いていない。寿人にリャンメンの待ちはなさそうだ。

この時点で、テンパイ維持なら打の方がマシか…という考えになるだろう。以下について考える。

②次に寿人の河を見てみると2巡目に手出し、9巡目にがツモ切りで切られている。

さすがに2巡目からに固定するとは考えづらい。ペン待ちは無いだろう。

また、2巡目にしろ9巡目にしろ、のカタチならは引っ張られるはず。

自身が2枚持っていることもあって、のシャンポン待ちも薄そうだ。

③そして、が3枚見えで、完全に否定できないとはいえカンチャン待ちの可能性は低い。また、カンチャンで当たるのなら、トイトイは複合せず高打点の可能性もそこまでではない。

④そもそもノーテンの可能性もある。

⑤また、ここで自分がオリたら確実にこの局はマイナス収支になってしまう。逆に自分がアガることが出来ればトップ目でオーラスを迎えることが出来るという、テンパイをとるリターンも存在する。

多井の出した結論は、

を切ってテンパイ維持だった。

 

「ロン」

寿人の発声を聞いてうなだれる多井。

しかしこれだけではなかった、さらなるダメージが多井を襲う。

「18000」

よもやの南トイトイドラ3赤。

読み②のところでの、わずかな可能性に引っかかってしまった。などの複合形で当たるケースも、もちろん多井の想定にはあっただろう。しかし、それはあくまでもレアケースと判断できる場況だ。がトイツになってしまったこと、寿人の第2打がノータイムだったこと、トップを目指さなければならないチーム状況だったこと、これらが重なって多井の放銃へとつながったように思う。

 

 

攻める姿勢を貫き続けた寿人がついに、会心の一撃を繰り出した。

湧き上がる、KONAMIサポーター。

一方、辛い1局となってしまったABEMASサポーター。

麻雀は、ときに残酷だ。

この18000が決定打となって、寿人はこの半荘トップとなった。思えば、東1局、東4局、そして、南3局と、とその関連牌が運命のカギを握った不思議な半荘であった。

ファイナルシリーズ、KONAMI麻雀格闘俱楽部初の勝利インタビュー。このポーズを、この笑顔を、待ちわびたファンの方も多いに違いない。

いよいよ来週、Mリーグの初代優勝チームが決まる。

依然として、麻雀格闘俱楽部のチーム状況は厳しい。が、インタビューで寿人はこう答えた。

「トップを取り続けるしかないので。そこだけですね。それだけを目指しています」

(この男なら、麻雀格闘俱楽部なら、やってくれるんじゃないか…)

そんな期待を抱かせてくれる、真っすぐで、そして力強い言葉だった。

 

ゆうせー
京都大学法学部卒の現役塾講師でありながら雀荘の店員もこなし、麻雀強者が最も集まる人気オンライン対戦麻雀「天鳳」でも全国ランキング1位(鳳南2000戦安定段位ランキング2018年5月現在)、麻雀界では知る人ぞ知る異才。「実戦でよく出る!読むだけで勝てる麻雀講義」の著書であり、Mリーガー朝倉康心プロの実兄。

(C)AbemaTV