浅見真紀、6連続3着にピリオドを打つ会心の勝利!! ドリブンズ、3位浮上!!【Mリーグ2023-24 / レギュラーシーズン 】

浅見真紀、6連続3着に

ピリオドを打つ会心の勝利!

ドリブンズ、3位浮上!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」の70日目、第1戦は浅見真紀赤坂ドリブンズ)が、トップを獲得。高打点が飛び交う展開となった第1試合、親番での打点を生かしてアガリに結び付けた浅見が3勝目ゲット。ドリブンズを3位に引き上げた。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ浅見真紀セガサミーフェニックス東城りおBEAST Japanext猿川真寿U-NEXT Pirates小林剛、そして浅見の4名。

東城のリードで迎えた東3局2本場、11巡目に猿川がチーテンを入れると次巡に親の浅見もテンパイ。【1ピン】【4ピン】【7ピン】待ちでリーチをかけて【1ピン】を一発ツモ! ピンフ・ドラ2・ウラ1の6000オールで一躍トップ目に躍り出る。

南2局に猿川が浅見をまくると、1本場で浅見がリーチ・ツモ・タンヤオ・ドラ1・ウラ1の2000・4000で再逆転。

南3局1本場には、チートイツ・ドラ2の【中】単騎待ちを東城から仕留めて9600点。これが決定打となり、浅見がドリブンズに久々の勝利を持ち帰った。

浅見はインタビューで、

「(トップまで)2か月ぐらいですね、うれしいです! (チームの)ポイントは貯金があったので3着が続いても大きく下と近づいてしまった、みたいな焦りはなかったんですけどトップがたまにはちょこちょこ挟まってくれないと、やれてるなという気がしないので久々にトップを挟めてよかったです」

と語った。

【Result】
1着 浅見真紀・ドリブンズ 5万4300点/+74.3
2着 猿川真寿・BEAST 4万3300点/+23.3
3着 東城りお・フェニックス 9700点/▲30.3
4着 小林剛・Pirates ▲7300点/▲67.3

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +423.3(61/96)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +344.1(62/96)
3位 赤坂ドリブンズ +285.9(61/96)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +229.2(62/96)
5位 渋谷ABEMAS +20.2(62/96)
6位 EX風林火山 ▲158.7(62/96)
7位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲225.4(64/96)
8位 セガサミーフェニックス ▲431.2(61/96)
9位 BEAST Japanext ▲487.4(61/96)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsフェニックスvsBEASTvsPirates

1月23日(火) 19:00 〜 1月24日(水) 00:00

詳細情報
赤坂ドリブンズ vs セガサミーフェニックス vs BEAST Japanext vs U-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」Mリーグ2023-24の戦いはここからはじまる
今期より新チーム「BEAST Japanext(ビーストジャパネクスト)」を加えた9チーム、新Mリーガー7名の誕生、計36名でのシーズンとなる。
2023-24シーズンでは新レギュレーションが適用され、KADOKAWAサクラナイツU-NEXT Piratesがチーム体制変更レギュレーション対象となり、
セミファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替えによってチーム編成を変更しなければならない。
賞金5000万円と優勝シャーレの栄光を手にするチームはどこだ?!

キャスト

赤坂ドリブンズ
セガサミーフェニックス
BEAST Japanext
U-NEXT Pirates
実況:松嶋桃
解説:石橋伸洋
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsフェニックスvsBEASTvsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/