嵐を起こして 全てを壊すの 私は“天衣無縫”二階堂瑠美!【Mリーグ2022-23観戦記12/15】担当記者:ゆうせー

嵐を起こして 全てを壊すの
私は“天衣無縫”二階堂瑠美

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2022年12月15日

第1試合

東家:滝沢和典(KONAMI麻雀格闘倶楽部)
南家:丸山奏子(赤坂ドリブンズ)
西家:二階堂瑠美(EX風林火山)
北家:岡田紗佳(KADOKAWAサクラナイツ)

場が動いたのは、東3局

親番の瑠美、

ラス牌の【西】を手繰り寄せ、

ソウズのリャンメン落としを敢行!

ほどなくして、

【中】をポン。

さぁ、注目の待ち取りは、

リャンメンだ!

ドラとダブ【東】のシャンポンでは、出アガリが厳しい。

リャンメン待ちは、やはり枚数の多さが魅力だ。また、裏目のダブ【東】に関しては、ポンをして【西】を切るなど18000のテンパイに取り直すことも出来る。

ほどなくして、【3ピン】をツモアガリ!

網を大きく広げてとらえきった、見事な瑠美の4000オールであった。

頭一つ抜け出した瑠美に待ったをかけたのは、

丸山だった。

比較的リャンメン固定の先切りが多い選手だが、ここは打【北】として目一杯に構えた。シャンポン受けを残すことで、マンズの二度受けをフォロー。

積極的な姿勢からは、

「勝ちたい」という気持ちが伝わってくる。

応援メッセージも丸山を後押しする。

そんな思いに応えるかのごとく、

燃えたぎる【5マン】がやってきた!

【2マン】をツモ! しかも裏裏だ!

滝沢の追っかけリーチを振り切る3000-6000で、丸山が瑠美を逆転。丸山、瑠美、滝沢、岡田の並びで南場に入る。

南1局、トップ目の丸山にテンパイが入る。

丸山はダマに構えた。

対面の岡田の河が国士模様だ。3枚も余って来ていることから、トップ目に立った丸山は、先ほどと一転してここは慎重策をとった。

次巡、丸山は、

【9マン】を引いてきてテンパイを崩した。

気になるのは岡田の手だが…

このようにテンパイとは程遠い状態だった。

にもかかわらず、数枚余らせることで河を作り、なおかつ【白】などの4枚目の牌を見せないことで他家にプレッシャーを与えた、岡田のファインプレーである。

一方で、屈しなかった者もいた。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊