藤崎智、あわや条件クリア!? 忍者の猛攻が炸裂!! 同日2連勝で、有終の美を飾る!!

藤崎智、
あわや条件クリア!?
忍者の猛攻が炸裂!!
同日2連勝で、
有終の美を飾る!!

プロ麻雀リーグ「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」の最終日となる12日目第2戦は、藤崎智KONAMI麻雀格闘倶楽部)がトップを獲得。

ファイナルへの条件、12万700点のトップを課せられた麻雀格闘倶楽部・藤崎は、東場からアクセル全開、8万点台のトップ目に。しかし、その後は内川・和久津が盛り返し、藤崎はトップは取ったものの条件には届かず、麻雀格闘倶楽部はセミファイナルで姿を消すことになった。

2回戦の対局者は、セガサミーフェニックス和久津晶渋谷ABEMAS日向藍子KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎、そして藤崎。

東1局、西家の藤崎がいきなりツモリ四暗刻をテンパイ。この局は、藤崎が親の和久津のチートイツに放銃して終わったものの、波乱を予感させる立ち上がりとなった。

同2本場、藤崎は丁寧に手を高く作って13巡目にリーチ。タンヤオピンフサンショク・ドラ1・赤2のバイマン確定の大物手。一発でツモって4000・8000! 12万点条件に一歩近づく。

次局、藤崎はタンヤオピンフ・ドラ1・赤1のマンガンをヤミで内川から仕留めて8000点を加点。

東3局の親番でも、藤崎はリーチ・ツモ・タンヤオピンフ・赤1の4000オールを決め、6万点近くまで点棒を集める。

同1本場は、・赤2のヤミテンを日向から討ち取って、藤崎がさらに連荘。

同2本場、和久津の先制リーチに追いかけた藤崎が一発ツモ! ・赤1の4000オールを上乗せ。

南場に入って、藤崎の点棒はいっとき8万点を超えるが、和久津と内川の一発ツモ攻勢に遭って点棒を削られる。

結果、藤崎は5万9200点のトップで試合を終える。セミファイナル最終日、麻雀格闘倶楽部が2連勝で5位に浮上したものの、パイレーツを捉えるまでには至らず有終の美を飾ることになった。

勝利者インタビューで藤崎は、
「…悔しいですね。負けが現実として、これが現時点での実力ですからね。受け入れるしかないかなという感じではありますね。出来ることは精一杯やりました。ただ相手が一枚二枚、上だったのかな。そういう感じですかね…
と悔しさをにじませつつ語った。

【Result】
1着 藤崎智麻雀格闘倶楽部 5万9200点/+79.2
2着 内川幸太郎サクラナイツ 3万7400点/+17.4
3着 和久津晶・フェニックス 3万1000点/▲9.0
4着 日向藍子・ABEMAS ▲2万7600点/▲87.6

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +284.7(16/16)
2位 セガサミーフェニックス +172.0(16/16)
3位 渋谷ABEMAS +64.0(16/16)
4位 U-NEXT Pirates ▲3.5(16/16)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲65.0(16/16)
6位 TEAM雷電 ▲86.8(16/16)
7位 赤坂ドリブンズ
8位 EX風林火山

「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」

3月31日の対戦は
セガサミーフェニックスvs渋谷ABEMASvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsKADOKAWAサクラナイツ

セミファイナルシリーズは、
レギュラーシーズンのスコアを半分持ち越し6チームによる対戦を行い、各チーム16戦を行う。上位4チームがファイナルシリーズへ進みます。

キャスト

セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
KADOKAWAサクラナイツ
実況:小林未沙
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ12日目

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!