【小四喜】震えるその手で開くはスターへの扉、丸山奏子のはなまる役満 麻雀最強戦2022【女流最強スター決戦】観戦記【B卓】担当記者:徳岡明信

震えるその手で開くは
スターへの扉、
丸山奏子のはなまる役満

【B卓】担当記者:徳岡明信 2022年4月9日(土)

茅森早香(セガサミーフェニックス所属)

岡田紗佳(KADOKAWAサクラナイツ所属)

丸山奏子(赤坂ドリブンズ所属)

二階堂亜樹(EX風林火山所属)

Mリーグの華型女流スターが揃った。さぁ、誰が最強のスターか決めようか。

東1局
親の岡田が9巡目に【4ソウ】をリャンメンでチーして【3ソウ】【8マン】タンヤオドラ1のテンパイ。

現状は2900点の愚形テンパイだが、【4マン】引きでの打点アップもある。ここはテンパイ1番乗りでアガリを目指す。
ここに丸山がタンヤオ【5マン】【8マン】待ちで追いつく。もちろんリーチだ。

しかし同巡に岡田が【3ソウ】をツモ。

1000オール+供託を回収しフットワーク軽くスタートダッシュを切る。
しかしこれが嵐の前の静けさだったなど誰も知る由も無かった。

東2局

亜樹がドラの【8ソウ】を暗刻にしてのイーシャンテン。三色でもよし、【白】でも良し。大チャンスが早くも訪れる。

【3ソウ】を引き入れ【1ピン】【4ピン】テンパイ。迷わず即リーチだ。3巡目の【3ピン】の先切りも効いて充分に出アガリも期待できる。

ここに1発で捕まってしまったのは丸山だった。
丸山の手牌は現物が【3ピン】のみで、通りやすそうな【1ピン】を切ればカンチャンと三面張のイーシャンテンをキープできる。しかしこれが亜樹のド高め。

リーチ・一発・三色・ドラ3 亜樹にとっては大きすぎる、丸山にとっては痛すぎるアガリとなった。

その手をジッと見つめる丸山。愚形残りのイーシャンテン、現物の【3ピン】切りで一発は回避する選択があっただけに後悔の念が表情に感じる。

東3局
12000点の失点をこの親番で挽回したい丸山。しかしそうはさせまいと茅森と亜樹が動く。

茅森が【東】をポンしてドラの【8ピン】切り。丸山の親流しをテーマに掲げ、打点に未練など一切無い。

【7ピン】もチー出来てテンパイ。ここで待ち選択。微差の枚数差なら外側の待ちが有利と見て【1ソウ】【4ソウ】のノベタンを選択。

一方の亜樹も

丸山から出たドラの【8ピン】をチーして【2ソウ】【5ソウ】テンパイ。ドラだからではなく一刻も早くこの局を終わらせる為に動いた。先に動いた茅森に【3ピン】は通っていないが、ドラも切っているので安いとみて放銃しても良しの構えだろう。見た目枚数で【2ソウ】【5ソウ】待ちを選択した。

次巡にあっさりとツモ。タンヤオドラ1の500/1000で丸山の親番を1回落とす。
長年トップ戦線で戦ってきた両者が、短期決戦でラス目の親番丸山に辛く打つ思考が垣間見えた。

亜樹の2000オールを挟み東4局1本場

自風の【西】をポンしてこの形。苦しいイーシャンテンだ。

【7ピン】待ちでテンパイ。

だが茅森の待ちはドラ表示+丸山に3枚持たれていてジュンカラだ。

ドラの【8ピン】を引きシャンポン待ちに変化。
このシャンポンが何と山に3枚。ジュンカラの大ピンチが一気に大チャンスへと変化した。

次巡に再びドラ【8ピン】を手繰り寄せ僥倖の2100/4100のアガリとなった。
これで亜樹と茅森のリードで流局無しの激戦の東場が終了する。

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!