【麻雀小説】中央線アンダードッグ 第23話:凡人【長村大】




中央線アンダードッグ

長村大

 

 

第23話

 

平常心を取り戻せたこともあり、そこからはまともに戦えた。ラスを引くこともあったが同じようにトップもあり、最初の負債は徐々に減っていった。マシロの勝ちも増え、おれの代わりに、といってはなんだが、広告代理店のクロサワの負けが込んでいる。

クロサワはマイナスが増えるにつれ、盆面の悪さを隠さなくなってきた。点棒は投げるように支払い、リーチ負けなどすると舌打ちしたあげく「そんな待ちに負けるか? おれのほうが良い待ちなのに!」などと愚痴る。アツくなっているのはわかる、だがこうなったら終わりだ。「僕は馬鹿です」という紙を額に貼っているようなもんだ。

だいたいアガれなかった「良い待ち」などない。アガるために待ちを考えるわけで、山に何枚残っていようがアガれなかったらただの「良さそうな待ち」であり、アガった待ちが「良い待ち」なのだ。もちろん過程は大事だし、枚数が多いほどアガりやすいに決まっている。だが、過程は結果のために存在している。結果が出なかった者が結果が出たものに対して、「こっちのほうが過程が良かった」などと言ってなんの意味があるか。恥ずかしいだけだ。

 

あらかじめ決められた回数が来た。ラスト1半荘である。横目で帳面を見たところまだ10万程度はマイナスしている感じだったが、どうやら大敗は免れたようだ。マシロは3ケタをとうに超える勝ち、ナカモリとおれの負けは同じくらい、クロサワが残りを背負う形である。

 

最終戦は開始5分で終わった。東1局で役満が飛び出たのである。

打ったのはやはりクロサワ、明らかな国士無双狙いに対し、終盤に4枚目の字牌をノーケアで放った。国士無双に気付いてすらいない、もう完全に注意力がなくなっているのだ。

アガったのはおれだった。

 

「よーし、じゃあ計算しようか」

マシロが言い、帳面を手に取った。

「ちょっと待ってください、あと……」

クロサワが「泣き」を要求しかけたが、ナカモリが遮る。

「いや、最初に決めてたんだ、これで終わりにしよう。それにクロサワくんも今日はもうやめておいたほうがいい」

新参者のおれは黙っており、マシロはそんなやりとりを意に介する風もなく電卓を叩いている。それを見てクロサワも黙った。

「はい出た、端数ははじくよ、えーとクロサワくんが143、おーけっこういったな、ナカモリさんが12」

ここまでが負け額だ。

「で、勝ちが小山田くん33、残りがおれだな」

クロサワが鞄から金を取り出し、卓上にバサッと投げた。

「じゃあお疲れ様です」

それだけ言ってさっさと出て行ってしまった。

「まったくあいつはな、負けるといつもこうだな」

ナカモリが苦笑しながら、自分の負けを出す。

「なんだあいつ、140しかないじゃねえか、セコいことしやがって」

クロサワの置いた金を数えながらマシロが眉をひそめる。しかし、目は笑っていた。

「じゃ、これが小山田くんの分。場代はいいよ、おれが払うよ」

 

おばちゃんの店員が持ってきた伝票をチラと見たら、8万いくらという数字が書かれていた。一晩の場代としては高すぎるとは思ったが、なにも考えずに頼んでいたコーヒーやウーロン茶は全部一杯500円だった。細かく見たわけではないが、他にも個室料やらなにやらついているのだろう。赤坂は雀荘代も高いんだな、そう思いながら外に出た。夜がまだ朝になりきらない、微妙な時間だった。

 

「お疲れさまです」

「おー、お疲れ、またな」

「お先に!」

マシロとナカモリはそれぞれタクシーに乗って、帰っていった。おれもタクシーを拾おうと手を上げかけたが、なんとなくその手を下ろした。どうせ待つ者は誰もいない、ノロノロ歩いてみた。

 

賭け麻雀で勝つ、とはどういうことだろうか。

おれは今日、少し勝った。次やればまた勝ち、その次もまた勝つかもしれない。しかしその次に大きく負ければ、それで終わりだ。向かっていこうにも、そのタネがなくなる。

おそらく、おれのような人間は特にそうだ。仮に100万円勝ったとしても、次にその100万円をそのまま持っていけない。そもそもの収入が細い上に、享楽的にできている。生活費やら遊びやらでどんどん漏れ出ていくだろう。

勝っているうちは良い、だが当然負けが続くこともある。いくらトータルで勝っていようが、なくなったらそこで終わり、負けと同義だ。実力的には上だとしても、多くのプロが最終的に「負けて」しまうのはそういう理由もあるのではないか。

 

たぶんおれは博打麻雀には向いていないだろうな、と思った。少なくともそれを生業とするのは難しいだろう、誰もがそうであるように。凡人なのだ。

何も食っていなかったので、コンビニでおにぎりを買った。歩きながら包みを開ける、カラスが開け散らかした道端のゴミ袋が悪臭を放っている。世界一マズいおにぎりがここにあった、それを齧っていたら急に早く帰りたくなったのでやっぱりタクシーを拾った。

 

後は家で寝るだけだ。そしてまた起きるだけだ。