【西原理恵子 & 山崎一夫】お国頼み他人頼みで儲かることは無い…!

お国頼み他人頼みで
儲かることは無い

この原稿を書いているのは、参院選の直前です。
選挙の争点の一つにアベノミクスを支持するかどうかがある。

私はギャンブル・ライターなので、善悪より先に損得を考えがちという、下品な習性があります。
パチンコ・ライターだった時ももちろん同じで、攻略法を使う時は、ホールやメーカーの迷惑などはまるで考えていませんでした。

「来週までにこのパチンコ台のある店を見つけて、借金でもいいから数万円の軍資金を調達しなさい。簡単な攻略法を発表するので、1日で元が取れます。後は出入り禁止になるまで、徹底的にかっぱいでください」

むかし、西原理恵子さんと一緒に連載していた、週刊プレイボーイの記事です。
西原さんは週プレ発売前の情報格差でかっぱぎ。

「漫画なんか描いてるばやいじゃない!」

読者のみなさんも、合計末端価格で数十億円稼いだと思います。

逆に言うと、ホールにそれだけの損害をかけ、その台が売れなくなったメーカーには、もっと多くの損をさせたかもしれません。
さて、アベノミクスのうち、分かりやすいのが株価です。

色んな立場がありますが、最初から負けが確定しているのは、買い支えに出動される年金の積立金などだと思います。
それと、NISAなどを利用し、アベノミクスを信じて新規参入した少額投資者。

対人ゲームは、相手に勝つ気と勝つ能力があるからおもしろいんですが、公務員が人のお金を投資して勝てるとは思えません。
買い支えは、目的が必ずしも利益の確定じゃない。

「昨年はみなさんの年金積立金を使って、安値で仕入れた株を高値で売り抜けて大儲けしました」

「さらなる値下がりを予測して、赤字のまま損切りした」

「暴落を予想したカラ売りが成功」

なんて報告は聞いたことがない。

「利益が出てる、損してない」

と言うのも、実際には換金できない。
大量の株を売れば市場が崩壊します。

おそらく外国勢を中心にしたプロのカモになってると思います。

カモ確定と見れば、その逆張りが儲かりそうですが、実は他の結果もある。
両方とも儲からないというのが、投資やギャンブルの怖いところ。

「投票日までは政権の人気取りの買い支えがあるハズ」

「終われば暴落必至」

なんて推理している人も多いと思います。
自分の推理を信じて勝負したほうが政策を信じるよりも納得です。

あ、私は株もFXもやってないし、経験者でも専門家でもありません。
ギャンブル・ライターのつぶやきです。

イギリスのブックメーカーや、野球賭博のハンディ師の気分で。

日本のトレーダーにもアベノミクスを利用して、大儲けしている人はたくさんいると思います。

かつて麻雀たぬの大会で優勝したcisさんは、百万円を百九十億円にした天才トレーダーですが、他にも名前を出さずに稼いでる人もいっぱいいるでしょうからね。

cisさんはTwitterで1週間ほど前に、「相場やってもスるよ~。スルーがおすすめ」という謎のツイート以来書き込みがありません。

 

怪しいなあ、一儲け企んでるのかもしれません。

泡沫候補と言われても
化けるかもしれない

「やけに人が多い」

私の地元の高田馬場の駅前で、選挙演説をやっていました。

無所属新人のミュージシャンだそうで、選挙カーに積まれた大型スピーカーが高性能なのか、声が良く聞こえます。
ノボリには「選挙フェス」と書いてあり、候補者のバックでは、別のミュージシャンが、ギターやパーカッションで支えている。

「俺の仲間の話を聞いてやってくれ」

という気持ちが伝わってきます。 三十代らしき候補者は、長髪髭面にラフな衣装で、とても選挙演説には見えない。
ボランティアも雰囲気が似てる人がいる。

腕にタトゥーもいるし。

聴衆の年齢層は幅広く、スピーチを熱心に聞いています。
調べてみたら、選挙の聴衆動員数ナンバーワンだそうです。

さらに、Twitterやグーグルなどでの検索数も、選挙関連ではダントツ。
youtubeでは、演説ビデオが僅か1週間で50万回視聴。

今のところ大手メディアでは、泡沫候補扱いですが、本誌が発売されるころにはメディアも取り上げ、100万回になっていそうです。

これだけ人々の共感を得られるのは、損得よりも善悪や美しさに敏感な人なのでしょう。
ボランティアがネットで情報を拡散するアイデアは、LINEを活用するなど、日々進化しているように見えます。

おそらく、応援するファンや専門家が、日本中からアイデアを出し合ってるんでしょう。
かつてなら泡沫候補のままだったかもしれませんが、注目すべき候補者に押し上げています。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!