Mリーグ2018ベストオブ【多井隆晴】〜21人のMリーガー名場面集〜




Mリーグ2018

ベストオブ【多井隆晴】

21人のMリーガー名場面集

文・阿部柊太朗

 

『ぼかぁね、ヒーローになりたいんですよ』

多井の口癖のように言う。

 

10月に開幕したMリーグ2018レギュラーシーズン。序盤こそ下馬評通り順調にポイントを伸ばした渋谷ABEMAS。

しかし中盤以降失速。大きくポイントを吐き出し、ファイナルシリーズ進出が大きく危ぶまれる事態となった。

そんなとき、まるで用意されていたストーリーかのように、多井隆晴はやってきた。

『ヒーローは遅れてやってくる。そうでしょ?』

そう言わんばかりに1月11日のトップを皮切りに、以降4連勝を含む個人11試合連続連対。

ABEMASのファイナルシリーズ進出に大きく貢献。気づけば積み上げたポイントは、レギュラーシーズンの個人最高成績だった。

レギュラーシーズンの個人スコア部門を受賞する多井隆晴

大きく期待を寄せられ迎えたファイナルシリーズ。しかしその結果は実に非情なものだった。特に前原への大三元の放銃は大きく印象に残るところだろう。

「もう優勝は厳しいのではないか」

「一つでも上の順位を目指す方向にシフトするべきではないか」

そういった空気の漂う中で迎えた3月24日の対局前、多井はしっかりと宣言した。

多井「残り試合、9連勝を目指します。まだ全然諦めてなんかいませんよ」

 

3月24日 16/24回戦

まずは白鳥がトップを取ると――

同日 17/24回戦

先陣を切って宣言した多井が負けるわけにはいかない。2着と500点差の薄氷のトップ。

あまりの激闘にサポーターの中には涙するものもいた。数字上はまだ厳しいものの、対局開始前の時点に比べると”優勝”という可能性がほんの少しだが現実味を帯びてきた。

期待感が高まる中で迎えた

同日の18/24回戦。

多井は南3局をトップ目で迎える。あと2局、あと2局でいい。穏便に局が進んでさえくれればそれでいい。

そんな思いを込めて手をかけた3連勝は、寿人により振り払われた。

 

 

寿人へ痛恨の18,000点の放銃。

多井「ここをアガリ切れれば本当に大きい。そう思って押しました。寿人さんがテンパイしているあらゆるパターンを考えたんですけど…。まだまだ足りませんでした」