各者の執念が激突したオーラス 醍醐大、乾坤一擲のフリテンリーチ 「麻雀最強戦2021ファイナル2nd Stage」観戦記【A卓】東川亮

各者の執念が激突した
オーラス 
醍醐大、乾坤一擲の
フリテンリーチ

【A卓】担当記者:東川亮 2021年12月12日(日)

麻雀最強戦2021、ファイナル2ndStage。多くの猛者が挑み、散ってきた戦いを経て、8名の雀士が最強の称号を懸けて競い合う。誰が勝っても初優勝、しかし、最強の栄誉を手にするのは、たった一人。

宮内こずえ
女性麻雀プロの代表格として長年活躍してきた彼女だが、最強戦ファイナルは意外にも初出場だという。「手なりの女王」の素直な手筋は、ファイナル決勝の舞台へと届くのだろうか。

パタ☆ロッソ。
今年のアマチュア最強位は、難敵ぞろいのC卓でもクレバーな麻雀を打ち、2位通過で準決勝まで勝ち残った。真ん中の☆は「アマチュアの星」。アマでもプロに勝てるのが麻雀の魅力、さらなる大物食いで、目指すは真の最強位だ。

岡崎涼太
「無頼」と称され、いにしえの麻雀打ちの空気を身にまとう若者が、ファイナル2ndStageまで駒を進めてきた。ここまで来ただけでも偉業だが、目指す頂は目前にある。最強の座を手にするため、臆することなく突き進む。

醍醐大
昨年は最高位戦日本プロ麻雀協会の最高峰「最高位」のタイトルを初めて獲得した、現役最強クラスの実力者。多井が敗れた今、優勝候補最右翼と目されてもおかしくない打ち手である。最高位の座を失った、その穴を埋められるのは最強の称号しかない。


東1局、いきなり局面が動いた。宮内の手に続々とマンズが集まり、何と門前ホンイツのテンパイに。いきがかり上とはいえ、【8マン】のトイツ落としまで入っている。

岡崎も、手の内はかなり整っており、打点が見えていた。一発勝負の最強戦、相手がテンパっているかも分からないのに、この手を止めてはいられない。生牌【東】をツモ切り。


ダブ【東】ホンイツ、12000。宮内の強烈な一撃が決まった。


麻雀最強戦は決勝戦を除き、2位までが勝ち上がれるレギュレーションとなっている。そこで抜けたトップ目になれば各者が2位を現実的な目標に定めるため、トップ目はいったんターゲットから外れることになる。


故に宮内は、東1局1本場、リーチピンフツモドラの2600は2700オールによって5万点近い点数を持ったことで、よほどのエラーやアクシデントがない限り勝ち上がりを決めたと言っていい。親が落ちた後はダマテンでアガって局を進めていく。


南1局を迎えたとき、勝ち上がり圏内の2番手につけていたのは醍醐だった。だが、ここでアガったのは4番手のパタ☆ロッソ。【中】ホンイツ、テンパネの1300-2600は、逆転勝ち上がりへの足がかりには十分だ。

さらに南2局には岡崎がタンヤオドラ3のツモアガリ。今度は岡崎が勝ち上がり圏内に浮上した。2位を巡るデッドヒート、それを上から見下ろす宮内という構図が鮮明になっている。

南3局はリーチをかけたパタ☆ロッソの一人テンパイで流局。戦いはいよいよ大詰め、南4局を迎えた。


配牌では、アガれば勝ち上がりの岡崎が圧倒していた。既に3メンツ、テンパイすれば、場合によっては宮内のアシストもあるかもしれない。しかし、岡崎の手はなかなかテンパイに至らず


そうこうしているうちに、何と宮内の手が手なりで進んで門前ホンイツダマテンまで育ってしまっていた。


打点は6400、ツモるとツモホンイツ三暗刻でハネ満という大物手。ツモなら岡崎が勝ち上がるが、もし岡崎が放銃すれば、勝ち上がりはパタ☆ロッソになる。しかも待ちのうち、オタ風の【西】は山に2枚眠っていた。鉄槌をスタンバイした女王は「今じゃなくて決勝で来てよ」とでも思っているのだろうか。


だが、そこに親のパタ☆ロッソが【3ピン】【6ピン】待ちリーチをかけた。力が入ったか、宣言牌が少し曲がる。


宮内としては、万が一にも放銃して下3者の争いに巻き込まれる訳にはいかない。リーチ宣言牌のスジの【8マン】に甘えず、慎重を期して【東】の暗刻落としに入った。


遅れて、岡崎がようやくテンパイする。だが、どう待ち取りをするか。中ぶくれ【2ソウ】単騎はないとしても、5枚見えのノベタン【5ソウ】【8ソウ】待ち、場に見えていないカン【4ソウ】待ち、いずれにしても決していい待ちとは言えない。


岡崎の選択は【1ソウ】切り、カン【4ソウ】待ちテンパイ。だが、この待ちは山になかった。


岡崎も最後はオリを選択し、パタ☆ロッソの一人テンパイで流局。戦いは続く。


南4局2本場、3番手に後退したとはいえ、岡崎の条件は変わらず、アガれば勝ち。そこで、アガリの特急券【白】トイツが配牌で入った。


だが、パタ☆ロッソの手には【中】がトイツ、そしてドラの【西】が2巡目に重なった。いずれも岡崎の手の内で浮いており、岡崎が前に出るなら必ず切られる牌だ。そして岡崎がこの2枚を抱える理由がない。1巡目にドラを切る選択があり得たかもしれないが、1巡目に鳴かれる可能性もあるわけで、それは結果論だ。


パタ☆ロッソが岡崎の【西】をポン。


後付けが頭にあったとしても、【中】を止めてはいられない。


二つ鳴いて、パタ☆ロッソがカン【8マン】待ち満貫テンパイを入れた。これを決めれば、自身の勝ち上がりが濃厚となる。

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!