高宮まり、ぶっちぎりの2連勝!! 麻雀格闘倶楽部は3位浮上!!【Mリーグ2022-23 / レギュラーシーズン 】

高宮まり、

ぶっちぎりの2連勝!!

麻雀格闘倶楽部は3位浮上!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の48日目、第1戦は高宮まりKONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。開局からアガリをものにした高宮が大量加点に成功。一度もトップの座を譲ることなくゴールイン。個人連勝で4勝目を掴んだ。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ園田賢EX風林火山松ヶ瀬隆弥セガサミーフェニックス魚谷侑未、そして高宮の4名。

東1局、親の高宮はピンフ・赤1をリーチして園田から討ち取り。5800点を得てリードを奪う。

その後高宮は、東2局からテンパイ料を含めて7局連続で加点に成功。5万点オーバーに達してダントツ状態に。

その中で決め手となったのは東4局。ピンフ・ドラ2・赤1の【3マン】【6マン】【9マン】待ちをダマテンに構え、魚谷から【9マン】を討ち取って8000点。これが事実上の決定打となり、高宮が2連勝。個人4勝目を獲得し、麻雀格闘倶楽部はPiratesをかわして3位に浮上した。

高宮はインタビューで、

「(連勝について)すごく上手くいってるなという感じなんですけど、去年までだったらツイてたって言いたいところなんですけど、今年は練習に付き合ってくれてる仲間たちがいるので、そういった皆さんの応援に感謝したいと思います」

と語った。

【Result】
1着 高宮まり麻雀格闘倶楽部 4万9500点/+69.5
2着 松ヶ瀬隆弥・風林火山 2万3400点/+3.4
3着 園田賢・ドリブンズ 1万5800点/▲24.2
4着 魚谷侑未・フェニックス 1万1300点/▲48.7

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +347.6(48/94)
2位 EX風林火山 +254.9(47/94)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +172.0(47/94)
4位 U-NEXT Pirates +105.2(48/94)
5位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲10.4(48/94)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲157.9(48/94)
7位 赤坂ドリブンズ ▲342.9(47/94)
8位 セガサミーフェニックス ▲368.5(47/94)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス 

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKONAMI麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックス
■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KONAMI麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
実況:小林未沙
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊