不甲斐ない自分に別れを告げて TEAM雷電 瀬戸熊直樹 全てを振り切るトルネードツモ【Mリーグ2020観戦記2/11】担当記者:ゆうせー

不甲斐ない自分に

別れを告げて

TEAM雷電 瀬戸熊直樹

全てを振り切る

トルネードツモ

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2021年2月11日

瀬戸熊直樹は悔いていた。

前回登板時の、この打を。

「ロン」

この勝負所での12000放銃を。

思いを瀬戸熊は自身のブログで吐露している。

https://ameblo.jp/setokuma/entry-12655595260.html

ブログに登場する、叱咤激励のエールをくれた「ともだち」とは多井のことだろう。

今日はその多井とも同卓。気合が入らないはずがない。

そして、過去の自分を振り切るためにも今日は負けられない。

じっと卓を見つめ、瀬戸熊は戦いの場へと向かって行った。

2月11日 1戦目

東家 多井隆晴(渋谷ABEMAS)

南家 園田賢(赤坂ドリブンズ)

西家 魚谷侑未(セガサミーフェニックス)

北家 瀬戸熊直樹(TEAM雷電)

解説 土田浩翔 実況 日吉辰哉

東1局

親番の多井。このを手に残し、

伸びゆくマンズを的確にとらえる。

そしてこの最終形でダマテンを選択。自身の河から、リーチ後の出アガリには期待が持てない。

目線はまるでスナイパー。アガリの可能性を最大限に高めて、12000を片手に待ち構える。

そこへ、

瀬戸熊が仕掛ける。愚形が2つのイーシャンテン。2枚目のは急所と見たか。

多井と瀬戸熊の二人テンパイ。

「ロン」

アガったのは瀬戸熊。

痛かったのは多井。そんな開局であった。

東2局

“究極の門前派を目指す”。そう試合前に語った瀬戸熊。

究極のツモ!

  • 最新の麻雀・Mリーグ情報をいち早くお届け!