不甲斐ない自分に別れを告げて TEAM雷電 瀬戸熊直樹 全てを振り切るトルネードツモ【Mリーグ2020観戦記2/11】担当記者:ゆうせー

そして、至高のメンピン三色ドラドラリーチ!!

ダマの5翻は出アガリ8000。それではいかにも物足りない。打点上昇の気流に乗った、迷いのないリーチだった。

「ツモ」

このリーチは瀬戸熊の中に感触があったのだろう。実に穏やかなツモモーションだった。裏は乗らず、3000-6000のツモアガリとなった。

東3局

シーズン最終盤になって登板回数が増えてきた魚谷。期待に応えるべく、素直な手組からリーチを放つ。親番での三面張だ。

これをツモアガって、なんと裏裏。

瀬戸熊に迫る4000オールのアガリとなった。

東3局1本場

「いい待ち作り」と「危険牌先切り」。そんな攻守のバランスを考えてを逃がしていた多井。を引いて打とした。

でのタンヤオでのイーペーコー、そして678のピンフ三色を見た一打だ。

ここでの引きを視野に入れて7sをキープしておいた多井の先見。素晴らしいというほかない。

を引いてのリーチとなり、ピンズのホンイツテンパイが入っていた魚谷から一発でをとらえる。2600は2900のアガリとなった。

東4局

園田も黙ってはいられない。

が2枚ずつ見えていることからくっつきが弱いと判断し、打は自分の目から3枚見えており、こちらのくっつきに期待。ドラ周辺にウエイトを置いた一打だ。

はじめの一歩スタイルの園田は、

を引き寄せた!

このリーチを受けた親番の瀬戸熊、

を引いてテンパイ!

瀬戸熊は、

スッと一歩引いた。

中途半端な待ち、一発のタイミングで勝負させられる間の悪さ。親番とはいえラス目のリーチに勝負は出来ないという好判断だった。

「パシッ」

園田の手元でが音を立てた。裏ドラも乗って、リーチツモピンフ三色赤ドラ裏。4000-8000のアガリ。一撃で園田がトップ目に立つ。

南1局

親番は多井。

あまりにも配牌が悪い。

しかし、12巡目には、

この形にまで組み上げる。園田のリーチにも一発でを切って臨戦態勢。

「リーチ」

魚谷もやってきた!

多井のツモは、

だ!を叩き切ってガチンコ勝負!

次の牌で早くも決着がついた。

!多井のアガリだ!

リーチ一発ピンフドラ1。12000のアガリで今度は多井がトップ目に。

目まぐるしくトップが入れ替わる、まさにシーソーゲームだ。

南1局1本場

親番が続く多井。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!