俺は絶対に諦めない!チームと自身の命運を賭けたU-NEXT Pirates石橋伸洋 勝負の一戦【Mリーグ2021-22 セミファイナル観戦記4/7】担当記者:ゆうせー

俺は絶対に諦めない!

チームと自身の命運を賭けた

U-NEXT Pirates石橋伸洋

勝負の一戦

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2022年4月7日

セミファイナルも残り4試合。

ファイナル行きのチケットは4枚。

1位じゃなくても、たとえ4位でも一向に構わない。

だが、5位はダメだ。

各チームのファンが祈りを込めて、選手とその選択を見つめる。

【第1試合】

 

 

東家:石橋伸洋U-NEXT Pirates
南家:魚谷侑未セガサミーフェニックス
西家:堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ
北家:多井隆晴渋谷ABEMAS

東1局、

首位サクラナイツの先発は、堀慎吾

試合数を考えれば、連対でもいいと考えていたからだろう、慎重に役牌を残しながら進めて、【白】を重ねつつテンパイに辿り着く。待ちはドラとのシャンポン。

大きく息をついてから堀は、

牌を横に曲げた! 勝負だ!

ここに、

親の石橋が追いつく!

「チー」

一発を消す魚谷。

堀のもとへ流れ着いた牌の感触は、

実に滑らかなものだった。

「4000-8000」

リーチツモ【白】ドラドラ裏3。

積極策が実り、開局から堀が抜け出す。

堀の手牌を見つめる石橋。

現状5位のU-NEXT Pirates

規定により、今シーズン、ファイナルシリーズに進めなければ、選手の入れ替えを余儀なくされる。

この規定は途中で急に出来たものだ。だが、女性選手を入れるルールもそうだったが、決まったものには従わなければならない。

正直なところ、チームの精神的支柱の船長小林や、今シーズンMVPで唯一の女性選手である瑞原を、チームが手放すことは考えづらいと私は思う。

朝倉、そして今日出場の石橋は自らの命運を賭けての勝負。

倍満の親かぶりは痛いが、過去へは戻れない。前を向いて戦うしかない。

魚谷の1000オールを挟んで、東2局1本場、

石橋に赤赤の手が舞い降りる。

高鳴る鼓動と極度の緊張が、時折震える指からも伝わる中、

石橋は先制テンパイを果たす。

が、そこに、

目下のライバル、セガサミーフェニックス魚谷からの追っかけリーチがかかる。

すぐに堀が【6ソウ】を吸収し、山には【3ソウ】が3枚、【6ソウ】が1枚となっていた。

どちらも勝負手。石橋の一発ツモは、

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!