平成最後の迷勝負⁉︎「小林剛vs松本圭世」の卓外バトルが面白かった件。【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Mon】

平成最後の迷勝負⁉︎

「小林剛vs松本圭世」の

卓外バトルが面白かった件。

文・花崎圭司【月曜担当ライター】2019年1月14日

 

いきますよー。ひめたーんびーーむ!

ということでね、元・乃木坂46の“ひめたん”こと中元日芽香さんの必殺技でした。

そんな感じで、いきなりアイドルからはじめるという、我ながらえらいことになってきたと思う自分のMリーグ観戦記です。

で。

そんなひめたん(まだ話を続ける)、今は何をされているかというと心理カウンセラーになられています。「アイドル」という見られる職業、仲間でありライバルというアイドルグループの苦しさ。それを経験しているからこそ、できることがあるのではと思います。

さて。

Mリーグの話をしましょう。

Mリーグにかぎらず、メディアに出ているとどうしても「アンチ」が出てきます。「サイレントマジョリティー」ではないですが、多数派の「ファン」より少数派の「アンチ」の声の方が大きかったりします。

Mリーグの試合でもちょっとミス、いやミスどころかちょっとした所作に攻撃をしてくる人がいます。「これはいいプレイ」というコメントにも攻撃したりもします。なので、基本コメントはネガティブな空気になりがちです。

でもこれはしかたがない部分もあります。「好き」「嫌い」には理由がない場合が多々あります。また麻雀の場合、ファンはファンの「麻雀観」があるので、それとぶつかる場合があります。

「ここは代打川藤だろ」といっといて本当に出てきたら「いやほんまに川藤だすんかい」とオールド虎党はいっていたものです。

つまりいいたいのは、“ファン”が増えれば増えるほど“アンチ”も増えてくるということです。目立つ人ほど、叩かれます。

でもそんな中、Mリーグで圧倒的な支持を得ている人がいます。

松本圭世さんです。

Mリーグの勝利者インタビューを担当されていますが、彼女が出てきたら「待ってました!」「いいぞ!」「よくいった!」とポジティブ評価がほとんどです。全部ポジティブといってもいいぐらいです。しかもそのコメントも多いので「サイレントマジョリティー」どころか「クラウドマジョリティー」状態です。

そんなみんなの“まつかよ”こと松本圭世さんが、1/21(月)の1回戦を勝ったU-NEXTパイレーツの“コバゴー”こと小林剛プロにインタビューをしました。

冒頭に書いた“ひめたん”は「心理」カウンセラーですが、“まつかよ”は相手の「心境」を聞き出すため、「麻雀サイボーグ」である“コバゴー”にマイクをぶつけます。

まつかよ「対局を終えて、嬉しいという感情はあるのでしょうか?」

 

コバゴー「アリマスヨ。人並ミニハ……人並ミニハナイデスケド、チョットアリマス」

まつかよ、いきなり重めのジャブも、コバゴー、スウェーでかわす。

まつかよ「チームは一時期6位まで落ちていましたが、その間コバゴーさんはどのような心境だったのでしょうか?」

 

コバゴー「ぽいんとオオキクヘラシテイナイノデ、ジョジョニ浮上デキルト思ッテイマシタ。アト、ヒサト選手とチーム全体ノ勝利数ガナランデイタノデ、ヒトツ上ニイケテヨカッタデス」

コバゴー、ウィットに富んだ「ジョーク・プログラム」で反撃。

まつかよ「アガり逃しとかわかって、そういうのはさすがにちょっと悔しいなあという気持ちになるのでしょうか?」

 

コバゴー「“悔シイナア”ハ、アリマスネ。アトハ、笑ワレテタリトカ盛リ上ガッテイタリスルノカナ、トカ、ソンナコトモ考エテイタリシマスネ」

コバゴー、勝利の余裕か、真面目コメントの後に冗談をいう「ジョーク後のせ」という“特性”を炸裂!

まつかよ「あと2回連続放銃がありましたが、そのときの“心境”はいかがだったのでしょうか?」

 

コバゴー「アンマリオボエテイナイデスネ。エート、ナンダッケ?」

あれ? コバゴーの異変が……?

急にキレがなくなってきました。

まつかよ「そのあとダブリーチャンスからリーチ・ツモ・赤赤。こちらでトップになったわけですけどこのときの“心境”は?」

 

コバゴー「心境ハ、ソウデスネ……心境キキタガルネ」

コバゴー、まつかよのしっぽを捕まえた! まつかよが執拗に同じところを攻撃してくることに気づいた! 攻めている場所は“コバゴーの心”!

まつかよ大ピンチ! まつかよどうする!?

まつかよ「ロボの感情をいろいろ聞いていこうと!」

まつかよ、ポケモンばりに「満面の笑顔」と「かわいい仕草」の“特性”を発動!

しかし「かわいげ」属の攻撃は「ロボ」属にはあまり効果がないはず! この属性は相性が悪いのだ!

コバゴー「心境トイウカ、点数ハヨカッタデスネ、ハイ」

コバゴー笑顔でこたえるんかい! 「ロボ」に「かわいげ」は効くんかい!

さらにまつかよ、「あらぶり」の特性を使って連続攻撃!

まつかよ「(かわいくあらぶる)結局はコバゴー選手がトップを取ったわけですが! トップだぞ!と分かった瞬間のコバゴー選手の“心境”はいかがだったのでしょうか!」

 

コバゴー「……今日ハ、ムリニ“心境”ヲ聞キタガリマスネ?」

おっと! コバゴー、「かわいい」の耐性がついた!

まつかよ「うれしー!みたいなこといってくれるのかなと思って」

 

コバゴー「ケッコーウレシカッタデスヨ」

コバゴーの広角が上がる! 耐性ついてなかったーー!

まつかよ「(冷静に)コバゴー、その気持ちが“心”というものよ」

コバゴー「! コレガ……ココロ……」

最後の会話は、実際には1ミリ秒もいってません。

というか全編脚色バリバリなので、ぜひAbemaTVのビデオ機能で実際どんな雰囲気の会話だったのか見ていただければと思います。

あと最後、まつかよさんが

「SNSでパイレーツの年始のツイートに、神社でいただいた“勝ち札”を小林剛プロにつけてほしいという投稿があったのですが、どうされているのでしょう?」

これに“ポケモンGO”ならぬ“コバGO”の答えが「起承転結」にきれいになっていたので、まとめてみました。

起:「チームの偉い方々に一緒に初詣に行こうといわれたが、断固拒否」

承「そこで買った“勝ち札”を渡されて、つけてくださいといわれたので、渋々ポケットに入れていた」

転「でも今日忘れていた」

結「……トップとれましたね」

きれいに起承転結です。

しかもその後、

「勝ち札あれば、もっと大きなトップだったかもしれないですけどね」

「でも多分関係ない」

“フォロー”&“ボケ重ね”までやるというスキルを見せつけてくれました。

それを受けた実況席。

実況の松嶋桃プロは「いろいろもうこちらからツッコミたいことありましたけれども」と京都弁になりました。

解説の松本吉弘プロは「お世話になっている先輩なんですが、ありえないプレイです」とゲキ渋の顔になりました。

コバゴーロボ、もはや計算なのか天然なのか分からなくなってきました。

さてさて。

これを読んでるあなた! お腹いっぱいだと思いますがもう少しお付き合いください! ここから観戦記1本分の量はありますけれども!

この日の第2回戦

座順は

東家・萩原聖人 (TEAM雷電)

南家・朝倉康心 (U-NEXTパイレーツ)

西家・鈴木たろう(赤坂ドリブンズ)

北家・滝沢和典 (EX風林火山)

全チーム、メンバーを入れ替えての戦いとなりました。

気になるのは、

鈴木たろうプロ。

先週1/14(月)は振替休日だったので、“朝も昼も夜も、時々深夜までスーパーサラリーマン”の園田賢プロが会社がお休みだったのか連闘。

そして1/15(火)もなんと園田プロが連闘。先々週の1/11(金)の2回戦からの5連闘。どういうことだと思っていたら、なんとチームメイトの村上淳プロ、鈴木たろうプロが病気でダウン。ということで園田プロが戦うしかないという緊急事態! ある意味「学級閉鎖」しそうだった中、月火の4連戦は、-21.6となんとか粘り込みました。

そして“TT兄弟”ならぬ“YA(病み上がり)兄弟”の「飛車」、村上淳プロが1回戦に出場、結果は我慢の麻雀となり3着となりました。

そして“YA兄弟”の「角行」、鈴木たろうがこの2回戦に出場。

1回戦と同じく拮抗した戦いでしたが、折り返し地点の南入時、トップ目は朝倉プロの3万2500点。ラス目は鈴木たろうプロの1万9400点と、その差1万3100点差。ここは自分の親番の時までにはトップとの点差をつめつつ、自分の点数を原点2万5000点は回復しておきたいところです。

南1局 ドラ

たろう、できれば手役を作って高くあがりたいですが、ホンイツ、チャンタ、イッツーがすべて手牌からすり抜け、9巡目ピンフ・ドラ1で先制リーチ。

そして終盤、16巡目にをツモ。

これになんと裏ドラが2枚のり、1300・2600が3000・6000のハネ満に!

これがリーチの力! これがたろうの力!

解説の松本プロも「これは興奮しますよ!」とサンドウィッチマンよろしくのコメントをいうぐらいのアガりとなりました。

この半荘でたろうがアガったのはこれ1回のみ。このアドバンテージをきっちり守り、見事たろうがトップを取りました。

ではここで、この写真を見ていただきたい。

――おわかりいただけただろうか?

――もう一度

そう、たろうプロは勝ち札を持っていたのだ!

この勝ち札パワーで、裏ドラが2枚のったという――。

信じるか信じないかは、あなた次第です。

コバGO「ワタシハ信ジナイデス」

 

花崎圭司(はなさきけいじ)

放送作家・小説家・シナリオライター。映画化になった二階堂亜樹の半生を描いた漫画「aki」(竹書房刊)の脚本を担当。

 

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV