【クイズ解けたら君もMリーガー】佐々木寿人は世界一ロンが嫌い!【文渋川難波その27】

リーチした方がいいのか?それともしない方がいいのか?
それは麻雀で永遠のテーマだと思います。
それでは早速こちらをご覧ください。
「魔王」として名を馳せている、現在Mリーグ個人成績首位の佐々木寿人選手。
それぞれ、何を切ってどうしたでしょうか?

 ドラ

 

 ドラ

解答

1枚目 切りリーチ
2枚目 切りリーチ

解説
なんと、どちらもリーチとなっています。
それでは、一枚目から解説していきましょう。

一枚目

 ドラ
現在、タンピン赤赤ドラの待ちテンパイです。そして、ドラを切るとドラは一枚減りますが、かわりに高め三色のテンパイとなります。
を切るとヤミテンでも、ツモればハネマン確定。そして、を切るとヤミテンでも高めが出るとハネマンあります。
ここはどちらを切るにしても、手堅くヤミテンにする人も多いのではないでしょうか?
しかし、寿人選手は全く迷わずリーチと行きました。
その時の思考を考えてみましょう。

①リーチしても別に出ないと決まったわけではない
②ヤミでも別に出ると決まったわけではない
③リーチしたら足を止めることはできるが、ヤミだと伸び伸び打たれてしまう

④ヤミでも、8000点出和了では内川選手から出ないかぎり二着のまま
⑤仮に全員オリて流局しても二着目のまま、自分の親を迎える

①〜③は今回に限らず、永遠に付き纏うリーチかヤミテンかのテーマです。
足を止めるのが良い場合もあるし、悪い場合もあります。
リーチしたことによって和了れることも、ヤミにしたおかげで和了れることもあるのです。
じゃあ選べないんじゃ?となりますが、ここで、④に注目しましょう。

④ヤミでも、8000点出和了では内川選手から出ないかぎり二着のまま

ヤミテンにして、白鳥選手から出ると「まあ嬉しいけど、できればツモりたかったな?」
とそんな気持ちになることでしょう。
それならばもう、スパッとリーチするとどう和了っても満足行くので、ここはリーチとなりました。
を切る理由は、単純にハネマン以上が確定するからです。

さてそれでは2枚目です。

今度はなんとダブドラ3赤で18000確定のテンパイですが、実はこれも一枚目とほぼ同じ理由でリーチとなっています。

①〜③の理由はもちろんのこと、ヤミテンにして堀選手や園田選手から出てもまだまだトップは決まらないので、一気に8000オールをツモってトップを決めに行きました。
さてさてこれらの選択がどうなったかと言いますと

 

なんと二つとも見事ツモ和了。2枚目に至っては三倍満のツモ和了となりました。
リーチしたことによって和了れない時もありますがその逆もあるので、寿人選手はいくら空振りしてもバンバンリーチを打っていき、その結果「魔王」と呼ばれるようになりました。
少し大らかに打つくらいが丁度いい、その精神は麻雀においてすごく大事なので、意識してみてください。
それでは、また!

渋川通信

ことしの花粉は本当にきついです。なんとか薬で押さえ込んでますが、限界が来たらどうなってしまうのか……今から怖いです

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!