【熱論!21人のMリーガー】朝倉康心・U-NEXTパイレーツ〜止まらない探求心が生んだ「反射読み」〜

熱論!21人のMリーガー

朝倉康心・パイレーツ

〜止まらない探求心が

生んだ「反射読み」〜

文・ゆうせー【U-NEXTパイレーツ担当ライター】

 

「ねぇ、センセーは生まれ変わったら何になりたい?」

先日、塾講師の仕事をしているとき、唐突に生徒から質問をぶつけられた。まぁ、受験シーズンのこの時期にはよくあることだ。

「私、パンダに生まれ変わりたーい、そしたら勉強しなくて済むし」

つまりは現実逃避したいだけなのだ。来世はパンダに生まれるかもしれないから、今は目の前のことに集中しなさい。もう入試まで2か月しかないぞ。そう言うと、生徒は再び問題を解きにかかっていった。

生まれ変わるといえば、

今日取り上げるU-NEXT Pirates朝倉は、

昨年

『初代、11代目 天鳳位 ASAPIN』

から

『最高位戦日本プロ麻雀協会 朝倉康心』

へと生まれ変わった。

ネット麻雀の成績のみならず、連盟VS天鳳位戦1st seasonの優勝、麻雀駅伝三人打ちの区間賞などなど、それまでの実績が評価されてB1リーグからのスタート。そして、リーグ戦をぶっちぎりの首位の成績で昇級を決め、プロ入り9か月ほどでAリーガーとなった。

また、8月には初代Mリーガーにも選ばれ、まさに『伝説のネット出身雀士』として今日に至る。ネット雀士の麻雀界における道筋を、何もないところからつくりあげた功績はあまりにも大きい。

もちろん、これらの足跡は麻雀が強くないと辿れない。しかもただ強いだけではなく、朝倉の麻雀は緻密でありながらも人を惹きつける独特の魅力がある。Mリーグ前半戦のハイライトを見ながら、その魅力の秘密に迫ってみよう。

魅力1  読みの深さ  

10月9日(火)2戦目

(朝倉の読みを詳しく解説するために、天鳳のデジタル牌譜をまじえております。白の牌が手出し、暗転している牌がツモ切りの牌です。)

南3局、3巡目、トップ目の西家多井が動いてきた。

自風のをポンして、打

さらに多井は、

をポンして、打

この多井の仕掛けに負けじと親番の寿人も、

役牌のをポンして参戦してくる。

朝倉は、

上家の寿人に合わせて丁寧にマンズを払っていく。

そして、12巡目に、寿人が手の中からション牌のを打ち出した。

「ポン」

このを多井がポン。なんとも威圧感のある3副露だ。

その巡目に寿人からが切られる。 対局シーンの画像に戻って…

前巡にを引き入れてこの形になっていた朝倉。動きが止まる。

を鳴けば一気通貫ドラ3の満貫テンパイだ。しかし、はション牌。多井のトイトイ風の仕掛けにも通ってはいないし、親の佐々木の仕掛けにも通っていない。

どうする…

朝倉の選択は、

「ポン」

ポンしてを勝負した。

どうしてを切ることが出来たのだろうか。朝倉の読みを順に説明していこう。

まず寿人はあとの無いラス目の親番。ここはかなり無理をしないといけない局面だ。雀風としてもここは強気に来ることが予想される。したがって前巡にション牌のを切ってきてはいるものの、そもそもテンパイしている可能性がそこまで高くないと読んだのだろう。それならば自身の満貫テンパイを優先した方がいい、

次にトイトイ濃厚の多井に対してだが、ここは茅森と寿人の河をみてみよう。

マンズがものすごく安く、逆にピンズはものすごく高い。

ということは、茅森と寿人の手はどうなっていると読めるだろうか?手にマンズがほとんどないということは、手の内の大部分はピンズとソウズで構成されているだろう。

さらに、朝倉がソウズを多く、しかもが分断された形でもっていることから、茅森と寿人はソウズもそこまで厚くは持っておらず、

『茅森と寿人がピンズを厚く持っている可能性が高い』

と読めるのである。

だから、はション牌とはいえ茅森や寿人が持っていることが多く、逆に多井の手にトイツで入っている可能性は低い、と読んだのだ。

このように「他家の手牌構成を読んで、その情報を読みたい相手の手牌読みに用いる」ことを『反射読み』と言っているが(おそらく私だけではないはず…)、朝倉はこの反射読みが非常に得意だ。

もちろん100%確実に通る、というものではないが、牌の所在について濃淡をつけることでそれを押し引きに活かしているのである。

さらにもう一つ、よくみると朝倉は赤をさらしていない。これは、自分の手を安く見せて少しでも周りが放銃してくれる可能性を上げるテクニックである。自分が勝負手で、どのみち手の中の赤牌を切らないようなときには有効な戦術である。

さて、は残り2枚。アガれるか…

アガリの発生しないまま数巡後、

朝倉のもとにやってきたのは、ドラの。これは…無理はしないか…

推理中…推理中…

朝倉の選択は、

勝負。どこからも声がかからない。通った。

朝倉の思考としては、

親の寿人はさらにの手出しを挟んだとはいえ、先ほども述べたようにテンパイしている可能性はそれほど高くない。朝倉自身の満貫テンパイを崩すほどではないだろう。

次に多井だが、ここでさらしている牌を見てみよう。

  

もし、多井にがトイツだとすると、配牌の段階で9枚が、

となっているところから第一打に7sを打ったことになる。多井にとっても役牌。トップ目でそれはそうそう無いだろう。読めばは通せる牌だ。

とはいえ、にしろにしろ、ション牌やドラだ。恐怖心に負けて打ち切れなくてもおかしくはない。朝倉は自分の読みを信じて勝負したのだった。

結果は…

単騎で、ホンイツをテンパイしていた寿人からが零れ落ちた。

「ロン」

朝倉会心の8000は8600のアガリ。ギリギリまで踏み込めるのは、卓越した読みがあってこそ。そしてこの読みがあっているかどうかは、

時↓

時↓

ネット麻雀なら対局終了後に牌譜が残り他家の手牌を開けられるので、パッと答え合わせをすることが出来る。Mリーグも含め競技麻雀でも、配信対局だったり採譜をしたりすれば後日振り返ることが出来るが、時間と労力を要する。なかなか数をこなせないのが現実だ。

朝倉はネット麻雀天鳳で何千戦と打ち、何度も繰り返し答え合わせをした。そうして研ぎ澄まされていった超精度の読みを武器に、朝倉は二度の天鳳位を獲得したのだ。そして、その読みは今も朝倉の最大の武器としてMリーグで活かされている。

それにしても、二度も天鳳位にチャレンジしようとするのがすごい。本当に天鳳が好きなんだろう。きっと朝倉は生まれ変わっても天鳳をプレイしているのだと思う。

朝倉の読みの鋭さが発揮された局面をもう一つ紹介しよう。

11月5日(金)

オーラスでダンラスの朝倉、さらにトップ目滝沢からリーチが飛んでくる。

これを受けて少し迂回していた朝倉、

ここで手が止まる。安全に行くなら打だが…

推理中…推理中…

朝倉の選択は、

プッシュだった。は誰も合わせていないので、1枚確実に山にいると読める。リーヅモダブ赤赤ならハネマンでラス回避できるため、は残した。

しかし、なぜ無筋のが切れたのだろうか?再び天鳳のデジタル牌譜を見て考えてみよう。

滝沢の9巡目手出しに注目だ。4巡目にが切ってあって、手の内にが残っている理由は何だろうか?ちなみに場を見るとは9巡目の時点で4枚目だ。

そう、これはの形からを引いて切られた、いわゆるスライドの可能性が高いのだ。となると、は通るうえ、2枚切れのが滝沢の手の内にあると読めるのでカン受けは嫌わないといけない。

他の可能性としては、が全員の安全牌として残された場合も考えられる。その場合には、リーチ宣言牌まで引っ張られたは手牌および待ちに関連している可能性が高くなる。すると、をはじめとするマンズ待ちの可能性が上がり、相対的にが当たる可能性は下がる、という読みになる。

また、まだ通っていない筋が多いことも3sプッシュを後押しするだろう。

いずれにせよ確実に通るというわけではないが、自分がラス目であることと、自分の手の打点が高いことから、は読みを入れて押す価値のある牌だと判断したのだろう。

実際の滝沢の手のソウズは、

9巡目にこの形だった。はスライドではなかったが、が完成している(安全牌の場合を除いて、が無いとは手に持てない)という読みは当たっていた。見事だ。

その後、

を重ねて打の両方を切るのはさすがに無謀だ。ダブは捨てることになるが…

この引きがある。残りツモ1回でもリーチだ。を一発でツモればトップまで突き抜ける。を押してこの逆転手を入れることが出来るプレイヤーは、日本に何人いるだろうか。

実況も解説も、そしてコメント欄も湧きに湧いた。

結果は…

ツモれず。

流局となった。しかし、次の局に、

この配牌を、

一色手をなるべく匂わせないよう、丁寧にオタ風から切り出し、

瀬戸熊のリーチを受けながらも、この形に育てる。リーチに追いつけるか…

すると、ぼかした効果もあったのだろう、

形が整ってきた滝沢から、2枚切れのカンを嫌ってが打ち出された。

「ポン」

これをポンして、

 待ちのチンイツ赤のテンパイ。リーチ棒が2本あるので、これもまたツモったらトップまで駆け上がる。

結果は…

瀬戸熊からを出アガリ。トップとまではいかなかったものの、十分すぎるラス回避。

苦境に立たされても最後まであきらめず、読みを駆使しながら繊細に一打一打を選ぶことで逆転するチャンスを逃さない。これも、朝倉の原点である天鳳で培ったものだろう。

まさに天鳳が生んだスタープレイヤーだ。

魅力2  テンパイへの執念

朝倉本人のツイートにデータが載っていたのだが、朝倉は流局時テンパイ率が54%で、Mリーグの全選手の中で一番高いのだそうだ。ケイテンも含め、流局時にテンパイをとっている姿は確かに多いと感じるし、またテンパイできなかったときにもテンパイをとれる可能性をギリギリまで追っているシーンが印象的だ。

思い起こせば、10年前くらいには、ケイテンはもちろんのこと安いテンパイでも終局間際にリーチや仕掛けに無筋を切ると、流局時手を開けたときに「そんな手で勝負して…」と皮肉を言われることもあったものだ。

対局を通してだけでなく、自身の著作でも詳細にとりあげるなど、常々テンパイ料の重要性を説いてきた朝倉。

朝倉の影響もあるのだろう、Mリーグのコメント欄を見るにつけても、流局時のテンパイ料が大事だという意識は麻雀界の中で確実に広まってきているように感じる。

11月12日(月)1戦目

オーラスアガリトップの朝倉、

役牌のがトイツの絶好の配牌をもらう。

5巡目に、

親の寿人からが出てポン、

早くもイーシャンテンに。しかも、上家の亜樹はマンズのホンイツ模様。ピンズは切ってくれそうだ。

「チー」

狙い通り、すぐにが出てチーしてテンパイ。ピンズの無さそうな亜樹だけでなく、親の寿人もを切っていることから、待ちはにとった。

この時点では山に4枚。すぐにアガれるかと思っていたら…

ここにきて、ラス目の黒沢からリーチがかかる。

朝倉が一発で持ってきたのは…

だった。

黒沢の河は、

推理中…推理中…

ここは打とした。黒沢の河は、一段目にが切ってあってリーチ宣言牌がは本線の一つに見える。しかも、亜樹の1打目のと足してが河に2枚見えているので、待ちに当たった場合はが使われている可能性が高い。一発での使われているタンピン系の手に放銃するとハネマンの可能性もあるので、3着落ちのリスクを負うことにもなる。

また、黒沢がツモった場合、ライバルの寿人が親被りをするので朝倉のトップだ。

諸々考慮してここは安全策をとった。

次巡、

を引いて、打

一方の寿人は、

が両方浮いている形。朝倉が手の内からと落としてきたので、手を崩した可能性もあるので、ここはメンツを崩して打

このまま、黒沢がツモるかどうかが焦点になる、と思われたその時、

なんとテンパり返した朝倉がを勝負。が3枚見えになったこと。での出アガリも期待できること。どのみちしか安全牌がないこと。自分が危険牌を押すことで、テンパイを取る必要が出てきた寿人が放銃するのを誘うこと。などが理由だろう。

寿人と亜樹はメンツを崩してベタオリ。そして残りツモが減ってくる。

朝倉は通っていないも押していく。終盤なので流局時テンパイが見えてきた。寿人ノーテン、朝倉テンパイなら逆転トップだ。

そして、黒沢のリーチは…

待ちだった。朝倉はツモならと落としてテンパイを維持できる。

もまだ山にいる。朝倉がアガれば当然トップ。黒沢がをツモっても朝倉のトップ。あと2巡このまま流局してもテンパイ料のやりとりで朝倉のトップ。朝倉は黒沢のアガり牌のは吸収できる。

を押してテンパイを取った朝倉の勝ちだ。

そう、

を持ってこない限りは。

ゆがむ表情。

さすがにもうソウズを落として張り返せる巡目は残っていない。打

黒沢のアガリだ。朝倉は2着でこの半荘を終えた。

悲しみがモニター越しにあふれてくる。

しかし、その悲しみは観戦者全員が共有していた。「放銃しやがって」と責めるものはいなかった。「朝倉がんばった」「よくテンパイとった」「惜しかったあさぴん」朝倉の健闘を称える言葉がコメント欄を満たしていた。

アガリも見ながら、懸命に流局時テンパイを取りに行く姿で、見るものに感動を与えた朝倉。このシーンはMリーグファンの胸に深く刻み込まれたに違いない。

しかし、これで終わりではなかった。

控室で朝倉は泣いていた。悔しくて悔しくて、あふれ出るものを抑え切れなかったのだろう。

と、そのときは思った。しかし、それだけではなかったようだ。

涙の本当の理由は…

2戦目でトップをとった石橋が朝倉を慰める。本当にいいチームだ。

路上感想戦で朝倉は語った。

『黒沢さんのリーチに一発でを押せなかったのはミス』。

なぜなら、状況を踏まえると、で持たれていた場合にははリーチ宣言牌まで引っ張られずに、先に1枚外されている可能性が通常よりかなり高いからだ。

その先切りされるであろう理由は3つ。

は第一打に亜樹が切っていて1枚切れだったこと。

は仕掛けている朝倉にも、親の寿人にも危険牌だったこと。

③黒沢の雀風が、完全イーシャンテンにこだわるタイプではないこと。

なるほど、確かに先切りされる要素はそろっているように思える。ということは、あの局面では、からの切り出しではないだろうから、は通る可能性が高い、ということか。

それを、帰宅してから自身のツイッターでもまとめていた。

朝倉の最大の強さは、この「果てなき探究心」ではないだろうか。泣くほど悔しい思いをしても、それを当日すぐに反省し、検討し、勝つためのエネルギーに変えていく。

朝倉にとって、プロ生活もMリーガー生活もまだ1年目だ。今回の反省内容もハイレベルのものだ。これからどんどん経験を積んでいったら、いったいどれほど強くなるのだろうか。

『天鳳位なんて到達不可能だ』

朝倉は、人類で初めて天鳳位まで登り詰めた。

『ネット雀士はリア麻では通用しない』

朝倉は、天鳳位VS連盟プロ1st seasonと麻雀駅伝の三人打ち区間を文句のつけようのない内容で勝利し、通用することを実証した。

『ケイテンなんて価値がない』

朝倉は、テンパイ料の大事さを麻雀界に浸透させた。

麻雀界において数々の既成観念をぶち壊してきた朝倉。しかし、我々が目にしているのは伝説のほんの序章に過ぎないのかもしれない。もうすぐ始まるMリーグ後半戦をはじめ、これからの活躍を願ってやまない。

私は生まれ変わっても、もう一度朝倉康心の兄として生まれたい。

ゆうせー
京都大学法学部卒の現役塾講師でありながら雀荘の店員もこなし、麻雀強者が最も集まる人気オンライン対戦麻雀「天鳳」でも全国ランキング1位(鳳南2000戦安定段位ランキング2018年5月現在)、麻雀界では知る人ぞ知る異才。「実戦でよく出る!読むだけで勝てる麻雀講義」の著書であり、Mリーガー朝倉康心プロの実兄。

(C)AbemaTV