松ヶ瀬隆弥、ハイテイ・ウラ3でトップを奪取!! EX風林火山、ついに6位浮上!!【Mリーグ2023-24 / レギュラーシーズン 】

松ヶ瀬隆弥、ハイテイ・

ウラ3でトップを奪取!!

EX風林火山、ついに

6位浮上!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」の98日目、第1戦は松ヶ瀬隆弥EX風林火山)が、トップを獲得。南1局に三暗刻ハイテイ・ウラ3のバイマンを決めた松ヶ瀬が快勝。風林火山は6位に浮上、4着となった瀬戸熊・雷電は9位に降着となった。

第1戦の対局者は、渋谷ABEMAS日向藍子TEAM RAIDEN / 雷電・瀬戸熊直樹U-NEXT Pirates仲林圭、そして松ヶ瀬の4名。

東3局1本場で仲林がマンガンをツモり、親被りでラス目となった松ヶ瀬。

次局ではお返しとばかりに瀬戸熊のリーチに追いかけて、一発ツモ! ウラを1枚乗せてピンフのみをマンガンに仕上げて、仲林とほぼ並びに。

さらに次局、ソーズのホンイツ仕掛けの仲林に対して確定三暗刻をテンパイした松ヶ瀬。【6マン】4枚使いの【5マン】【8マン】待ちでリーチ。終盤には日向もリーチで参戦し、三つ巴に。

松ヶ瀬はハイテイのツモ番でラス牌の【8マン】を引き当ててツモアガリ。さらにウラドラがアンコの【5ソウ】で4000・8000! この一撃で松ヶ瀬が勝利をもぎ取り、風林火山はBEASTをかわして6位に浮上した。

松ヶ瀬はインタビューで、

「全体的に展開もハマってくれたし、いいところでね一発でツモれたりとかハイテイでウラ3つ乗ったりとか、展開がよかったです、はい。いままでチームにマイナスポイント出しちゃったんで、その分残りの試合は全力でいって、全部トップ取るつもりでやってます。自分のマイナスが減っていくほどチームは助かりますんで、残りの試合も全部勝つつもりでやっていきたいですね」

と語った。

【Result】
1着 松ヶ瀬隆弥・風林火山 3万9100点/+59.1
2着 仲林圭・Pirates 2万1700点/+1.7
3着 日向藍子・ABEMAS 2万500点/▲19.5
4着 瀬戸熊直樹・雷電 1万8700点/▲41.3

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +528.3(87/96)
2位 赤坂ドリブンズ +452.2(88/96)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +283.3(86/96)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +143.7(86/96)
5位 渋谷ABEMAS +79.9(87/96)
6位 EX風林火山 ▲285.2(87/96)
7位 BEAST Japanext ▲331.2(86/96)
8位 セガサミーフェニックス ▲422.5(86/96)
9位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲448.5(87/96)

大和証券 Mリーグ 風林火山vsABEMASvs雷電vsPirates

3月12日(火) 19:00 〜 3月13日(水) 00:00

詳細情報
EX風林火山vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」Mリーグ2023-24の戦いはここからはじまる
今期より新チーム「BEAST Japanext(ビーストジャパネクスト)」を加えた9チーム、新Mリーガー7名の誕生、計36名でのシーズンとなる。
2023-24シーズンでは新レギュレーションが適用され、KADOKAWAサクラナイツU-NEXT Piratesがチーム体制変更レギュレーション対象となり、
セミファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替えによってチーム編成を変更しなければならない。
賞金5000万円と優勝シャーレの栄光を手にするチームはどこだ?!

キャスト

EX風林火山
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:松嶋桃
解説:朝倉康心
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ 風林火山vsABEMASvs雷電vsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/