VTuber千羽黒乃の麻雀講座【第17回】 ビミョーな配牌との付き合い方! ポジティブ遠回り打法じゃ!

やっほーい! 儂じゃよー! 今日も元気に3000・6000! ばーちゃる鴉天狗の千羽黒乃じゃ! 今週も儂のお喋りに、しばしお付き合いのほどお願いするのじゃ!

前回お話したテーマは「聴牌したときの待ち取り」じゃ。
麻雀の基本は両面! ほとんどのケースにおいて両面待ちが正着となるものの、手役が絡むとシャンポンやカンチャン受けが勝るケースもあるよ、というお話だったのじゃ! まだ読んでいない方は是非読んでほしいのじゃ!

VTuber千羽黒乃の麻雀講座【第16回】 リャンメン? シャンポン? 待ち選択の基本を知るのじゃ!

イマイチな配牌、そんな時には?

さてさて、今日も元気に麻雀を打つのじゃ!
東1局の配牌を開けたら、楽しい楽しい対局の始まりじゃー!

がちゃがちゃがちゃ…
ぼふーん!

 ドラ

ぽわーん!

 ドラ

…およ、いま「もういちど配牌をやり直したい!」なんて思ったのじゃ?
喝ぁーーーつ! これもれっきとした配牌じゃ👺!

つまんなそう? 和了れなそう? うむ、確かに好配牌とは呼べないじゃろう。
孤立牌が多くて手役もはっきり見えず、かといって仕掛けていくのも難しそう。他家を差し置いて先制リーチを打つどころか、門前で聴牌することさえ困難な配牌じゃ。

けれど半荘に数回はこうした配牌がやってくるもの。このような和了から遠い配牌を「ワクワクする!」と感じるようになれば、麻雀はもっと面白くなるのじゃ! 今回はこうした時の一つの方針、名付けて「ポジティブ遠回り打法」を伝授するのじゃ!

「ポジティブ遠回り打法」の基本的な考え方!

さて、さっきの牌姿ともう一度ちゃーんと向き合ってみるのじゃ!
こんな配牌をもらったとき、どう打つのが良いじゃろう?

ふむふむ、確かにそれも一つの方針じゃ。けれどこの手、門前ですんなりと聴牌しても

例えばこんな1300点の聴牌にしかならない、というのが想像できるのじゃ?
実際にはこの聴牌形でさえ10回に1回入るかどうかといったところ、門前で聴牌する前に他家からリーチが入るのがほとんどじゃ。

ならばどう打つのが良いのじゃろう?
それは「10回に1回しか和了れない1300点を目指すよりも、30回に1回くらいは和了れそうな8000点・12000点を狙って打つことで期待値(とワクワク感)を上げる」のじゃ!

具体的にどう打つのじゃ?

つまり、「門前では間に合わない、打点が安い配牌」が、運良くツモが噛み合った時に満貫以上の和了になるように打つのが「ポジティブ遠回り打法」の基本的な方針じゃ。
そのためにはどうするのじゃ? ずばり、鳴き仕掛けを前提に手を進めるのじゃ!

しかし先に例示した配牌は仕掛けても遠く、そもそも手役が見えない形。
ならばどうするかというと、「手役と字牌、そしてドラを大事にする」のじゃ!

手役とは、ホンイツトイトイ! 鳴いても二飜のこの2役がポジティブ遠回り打法のツートップ! このいずれかに寄せていくのが基本的な方針じゃ。字牌は重ねることができれば優秀なポン材となり、ホンイツにもトイトイにも組み込むことができる重要な牌。役牌ならば+1翻でさらにお得じゃ! ドラは重ねるだけで二飜、すぐに満貫クラスの打点が見込めるこちらも重要な牌じゃ。

これらを組み合わせて「トイトイ・ドラドラ」や「ホンイツ・役役」など満貫以上の手を目指すのがポジティブ遠回り打法。つまり、受け入れ枚数を重視した門前リーチ手順とは大きく異なった打牌選択をすることになるのじゃ。

具体例を挙げると

 ドラ

最初のこの配牌ならば、目指すのは遠くに見える萬子のホンイツ! つまり、大事にするのは手役に関連する「萬子」と「字牌」、そして「ドラ」じゃ。
筒子と索子を全部落として8巡目くらいにこんな形になっていれば

ほらほら、跳満や倍満まで見えてきたじゃろう! …およ、「こんなに都合よく字牌や萬子ばっかり引けるなんて、滅多にないじゃん!」って、もしかして思ったのじゃ?
確かに確率は高くないけど、胸に手を当てて考えてみてほしいのじゃ。数巡前に切ったドラや字牌をすぐに引き戻してきたり、河に字牌と同じ色ばかりずらーっと並んでしまって頭を抱えてしまったりしたことは、きっと誰にも覚えがあるはずじゃ。

何をツモってくるか分からないのが麻雀だけれど、そうした不意にやってくるツモの偏り、高打点になる有効牌だけは逃さないように打つのが「ポジティブ遠回り打法」じゃ!

もういっこ!

 ドラ

こちらの配牌なら、トイトイを目指すのが良さそうじゃな!
つまり、大事にするのは、「トイツになった時に打点がアップする牌」と「トイツになった時に鳴きやすい牌」じゃ。これらを優先して残し、あたりから切り出していきたいところじゃ。

こちらも8巡目くらいにこんな形になっていれば

ほーら、どうじゃ? 満貫以上が十分狙えそうじゃ!

という方針と打ち方、伝わったなら幸いじゃ!

ポジティブ遠回り打法を使う条件じゃ!

もちろん、麻雀の基本は門前で聴牌をしてリーチをかけることじゃ!

この「ポジティブ遠回り打法」は、門前での聴牌が厳しい配牌が運良く高打点になることを願う、いわば「敗者復活戦」みたいな打ち方じゃ。この「門前での聴牌が厳しい配牌」の見極めというのが、なかなか難しいのじゃが…。儂は主に

・強い連続形やドラ含みの両面ターツが無い
・ドラや赤がなく、運良く門前で聴牌しても打点が2000点以下
・字牌が3枚以上ある

これらの3つの条件を満たした時に、「ポジティブ遠回り打法」を使っているのじゃ!

今回のまとめじゃ!

・門前での聴牌が苦しい配牌は、遠くの高打点を見て「ポジティブ遠回り」!
・狙う手役は「ホンイツトイトイ」、大事にするのは「手役関連牌・字牌・ドラ」!
・あくまで「敗者復活戦」の打ち方。門前リーチが厳しい配牌のときだけ使うのじゃ!

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!