リーチ超人完全復活!! 村上淳、連続ハネマンでドリブンズ2連勝!!

リーチ超人完全復活!!
村上淳、連続ハネマンで
ドリブンズ2連勝!!

3月2日に行われたプロ麻雀リーグ「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」。
その初日2回戦は、赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦日本プロ麻雀協会)がトップを獲得。
赤坂ドリブンズの2連勝、トータルではトップのEX風林火山に11.1ポイント差にまで詰め寄った。

対局者は、
EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟)、
渋谷ABEMAS・白鳥翔(日本プロ麻雀連盟)、
KONAMI 麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)、
そして村上。

並びは、村上・佐々木・白鳥・勝又。

東3局、トップ目白鳥を追う村上が、リーチ・ツモ。
タンヤオピンフ・ドラ1・赤1のハネマンで、村上がトップに立つ。

次局、村上が連続リーチ。
タンヤオピンフ・高めリャンペーコーという大物手。
結果は安めツモアガリとなったが、安めでもドラ。
12000点の追加点で、大きく他家を突き放す。

南3局では、勝又がリーチの白鳥からホンイツ・ドラ3・赤1のハネマンを直撃し2位に浮上するも、オーラスは着順変動無しで、村上の逃げ切りトップとなった。

村上は勝利者インタビューで、
「ものすごく緊張してました。レギュラーシーズンでは迷惑かけたなという気持ちがあったので、ここで結果を出さなきゃな、と思ってました。」
と語った。

【Result】
1着 赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦日本プロ麻雀協会) 4万2400点/+62.4
2着 EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟) 3万4200点/+14.2
3着 渋谷ABEMAS・白鳥翔(日本プロ麻雀連盟) 1万7800点/▲22.2
4着 KONAMI 麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟) 5600点/▲54.4

【Total】
1位 EX風林火山 +134.5(2/24)
2位 赤坂ドリブンズ +123.4(2/24)
3位 渋谷ABEMAS +10.3(2/24)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲19.7(2/24)

◆大和証券Mリーグ2018 4チームが24試合を行い、優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ1日目

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

好評発売中!!!!

Amazonはこちら→「麻雀強者の0秒思考」

この記事のタイトルとURLをコピーする