鈴木たろう、ファイナル初戦を制す!! 赤坂ドリブンズ2位浮上!!

鈴木たろう、
ファイナル初戦を制す!!
ドリブンズは2位浮上!!

3月2日に行われたプロ麻雀リーグ「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」。
その初日1回戦。ファイナルを占う大事な一戦を制したのは、赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)。このトップで、赤坂ドリブンズは4位から2位に浮上となった。

対局者は、
EX風林火山・二階堂亜樹(日本プロ麻雀連盟)、
渋谷abemas・多井隆晴(RMU)、
KONAMI 麻雀格闘倶楽部・高宮まり(日本プロ麻雀連盟)、
そして鈴木。

並びは、二階堂・鈴木・高宮・多井。

東2局2本場で6000オールをツモった高宮を、ほか3者が追う展開となる。

次局の3本場では、まず鈴木が高宮とのリーチ合戦にツモり勝ってハネマンを被せる。

南1局には、二階堂が終盤でリーチ・ツモ・ドラ2・赤1のマンガンをツモで高宮を追う。

南2局は、鈴木と多井のリーチ対決。
これは多井が鈴木に、ピンフ・ウラ2の親マンガンを献上する結果に。

オーラス1本場では、トップ鈴木・2位高宮という並び。その差は1300点という、アガリ競争。
仕掛けた高宮は、リーチの鈴木は待ち。
結果は鈴木のツモアガリ。

デッドヒートを制して、鈴木たろうがファイナルシリーズ初戦勝利を勝ち取った。

鈴木は勝利者インタビューで、
「これでファイナルが面白くなりましたね。監督から、たろうさんっぽく暴れてきてください、といわれたので、やってやるぞという気持ちで臨みました。」
と語った。

【Result】
1着 赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会) 4万5300点/+65.3
2着 KONAMI 麻雀格闘倶楽部・高宮まり(日本プロ麻雀連盟) 3万5100点/+15.1
3着 EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟)1万9400点/▲20.6
4着 渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU) 200点/▲59.8

【Total】
1位 EX風林火山 +120.3(1/24)
2位 赤坂ドリブンズ +61.0(1/24)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +34.7(1/24)
4位 渋谷ABEMAS ▲32.5(1/24)

◆大和証券Mリーグ2018 4チームが24試合を行い、優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ1日目

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

好評発売中!!!!

Amazonはこちら→「麻雀強者の0秒思考」

この記事のタイトルとURLをコピーする