近藤誠一、6000オールで個人2連勝!! 気分上々でフェニックスはまだまだ羽ばたく!!

近藤誠一、

6000オールで個人2連勝!!

気分上々でフェニックスは

まだまだ羽ばたく!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕11日目、第1戦は近藤誠一セガサミーフェニックス)が、トップを獲得。連続親マンを決めた瑞原を、チートイ・ドラ2のリーチ・ツモで一気に逆転。その後も追加点を稼いで、近藤が個人2連勝。フェニックスが3位に浮上した。

第1戦の対局者は、EX風林火山二階堂亜樹KONAMI麻雀格闘倶楽部高宮まり、U−NEXT Pirates・瑞原明奈、そして近藤の4名。

開局は二階堂のリーチ・ツモ・赤1の5200点のアガリでスタート。次局は瑞原が高宮からリーチのみの1300点をアガって、東3局へ。

親を迎えた瑞原、ファーストテンパイの待ちを即リーチ、そしてを一発ツモ! 4000オールをアガってトップ目に立つ。

同1本場、配牌こそ良くなかった瑞原だが、ダブをアンコにしてテンパイ一番乗り。ドラ1・赤1のダマテンを高宮から召し捕って12000点を上乗せする。

しかし東4局、近藤が親番で覚醒する。チートイツ・ドラ2の手をリーチ・ツモで6000オール! 一気にトップまで突き抜ける。

南場に入っても、近藤はリーチ・ピンフ・ドラ1の3900点を高宮から討ち取り、リーチ・ピンフ・ツモ・ドラ1の5200点をアガって効果的に加点する。

オーラスは瑞原が乾坤一擲のリーチを放つが、無念の流局。近藤が個人2連勝を決めた。

近藤はインタビューで、

「(個人2連勝で)気分は上々ですね。今日は女子力の闘いだと思ってましたから、トップが取れて最高の気分です。東3局までは我慢の局面が続きましたが、北家(スタート)でしたんで精神的には余裕を持って臨むことが出来て、東ラスの親番で6000オールをアガることが出来ました。フェニックスはまだまだ羽ばたきます!」

と語った。

【Result】
1着 近藤誠一・フェニックス 4万8500点/+68.5
2着 瑞原明奈・パイレーツ 4万600点/+20.6
3着 二階堂亜樹・風林火山 1万8700点/▲21.3
4着 高宮まり麻雀格闘倶楽部 ▲7800点/▲67.8

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +95.5(10/90)
2位 赤坂ドリブンズ +72.9(10/90)
3位 セガサミーフェニックス +59.9(11/90)
4位 渋谷ABEMAS +52.3(10/90)
5位 EX風林火山 +51.5(11/90)
6位 U-NEXT Pirates ▲94.6(11/90)
7位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲102.0(10/90)
8位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲135.5(11/90)

「大和証券Mリーグ2020 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvsPirates」

10月22日の対戦は
EX風林火山vsKONAMI麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvsU−NEXT Pirates

キャスト

EX風林火山
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
U−NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:村上淳
レポーター:松本圭世
大和証券Mリーグ2020 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvsPirates

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!