朝倉康心、勝又の追撃をかわして、うれしい今期初勝利!!

朝倉康心、

勝又の追撃をかわして、

うれしい今期初勝利!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕11日目、第2戦は朝倉康心(U−NEXTPirates)が、トップを獲得。東場からリードを重ねた朝倉が、勝又の追撃を要所で断ち切り、逃げ切って試合終了。うれしい今季初勝利を手にした。

第2戦の対局者は、EX風林火山勝又健志KONAMI麻雀格闘倶楽部藤崎智セガサミーフェニックス和久津晶、そして朝倉の4名。

開局、親の勝又が先制リーチ。待ちはカン。が、これは朝倉との2人テンパイで流局。

同1本場は、朝倉が先制してリーチ・ツモ。ドラ1・赤1の8000点で朝倉がまずは先行する。

東3局、親の和久津のリーチは勝又ののみに蹴られてしまう。

東4局、親を迎えた朝倉は・ドラ1の手をリーチ・ツモ。トップ目から12000点を上乗せして5万点を伺う。

南場に入って親の勝又が・ドラ2の2000オールで朝倉との差を、じわりじわりと詰める。

が、1本場は朝倉のチートイツ・ツモに流されてしまう。

しかし南2局、勝又も食らいつく。345のサンショク・赤1のカン待ちをリーチ・ツモ。8000点をアガってトップ圏内にとどまる。

南3局、勝又がテンパイ一番乗り。を鳴いてドラのがアンコのマンガン、カン待ち。同巡、藤崎もテンパイ。ピンフ・赤1・高めイッツー待ち。

そして次巡、朝倉にもテンパイが入る。ピンフ・赤1の待ち。決着は!?

…藤崎が高めのをツモって2000・4000。藤崎が、ラス抜けに成功する。

オーラスは、いったんラスに落とされた和久津がリーチ・ツモ・ドラ2・赤1・ウラ1の12000点をアガって3位浮上。朝倉が逃げ切って今季初勝利を手にした。

朝倉はインタビューで、

「チームポイントがマイナスしてるんですけど、なるべくトップに意識が行かないように、みんなで頑張ってたんですけど、冷静に打ちながらトップを取れたのでうれしいですね。(ヘアバンドは)ラスを引いて縁起が悪いのでやめました(笑)。また復活するかもしれませんが」

と語った。

【Result】
1着 朝倉康心・パイレーツ 4万1300点/+61.3
2着 勝又健志・風林火山 3万1200点/+11.2
3着 和久津晶・フェニックス 1万7200点/▲22.8
4着 藤崎智麻雀格闘倶楽部 1万300点/▲49.7

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +95.5(10/90)
2位 赤坂ドリブンズ +72.9(10/90)
3位 EX風林火山 +62.7(12/90)
4位 渋谷ABEMAS +52.3(10/90)
5位 セガサミーフェニックス +37.1(12/90)
6位 U-NEXT Pirates ▲33.3(12/90)
7位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲102.0(10/90)
8位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲185.2(12/90)

「大和証券Mリーグ2020 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvsPirates」

10月22日の対戦は
EX風林火山vsKONAMI麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvsU−NEXT Pirates

キャスト

EX風林火山
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
U−NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:村上淳
レポーター:松本圭世
大和証券Mリーグ2020 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvsPirates

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!