朝倉康心、オーラス執念の大逆転!! 高め一発ツモで、初勝利! 白鳥翔を返り討ち!!

朝倉康心、

オーラス執念の大逆転!!

高め一発ツモで、初勝利!

白鳥翔を返り討ち!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021」の開幕7日目、第1戦は朝倉康心U-NEXT Pirates)が、トップを獲得。開局の親ハネマンを決めた朝倉だったが、南1局で白鳥が逆転。だがオーラスの2本場で、朝倉が執念の一発ハネマンツモを決めて、再逆転。自身とパイレーツ待望の初勝利を飾った。

第1戦の対局者は、渋谷ABEMAS白鳥翔KONAMI麻雀格闘倶楽部高宮まりEX風林火山二階堂亜樹、そして朝倉の4名。

東1局、親の朝倉が10巡目に先制リーチをかけて、ツモアガリ。ドラ1・赤2のウラ1で6000オール。いきなり大量リードを獲得。

いっときは、持ち点を5万1600点まで伸ばした朝倉だったが白鳥の猛攻に合う。
南1局1本場、朝倉の親リーチに追いついた北家の白鳥が即リーチ。【6ソウ】【9ソウ】待ちの高め、【6ソウ】をツモアガリ。ピンフタンヤオイーペーコー・ドラ1・赤1の3000・6000。朝倉の親被りでトップ目が入れ替わる。

オーラス1本場、朝倉とのテンパイノーテンならばハネマンツモ圏外に逃げられると踏んだ白鳥は、流局時にテンパイを宣言。しかし、朝倉も密かにテンパイを入れており白鳥の思惑は外れる。

同2本場、8巡目にピンフ・高めタンヤオ・高めイーペーコーのテンパイを入れた朝倉が即リーチ。逆転には高めツモに一発かウラが必要という厳しい条件だったが、なんとラス牌の【6ソウ】を一発ツモ! 今度は白鳥に親被りさせて朝倉が逆転トップで試合終了。

朝倉が個人初勝利と、パイレーツの初勝利を獲得した。

朝倉はインタビューで、

「チームのポイントも苦しかったんですけど、個人も初戦もやっとする3着だったので早めにトップを取れてうれしいですね。7戦目にしての初トップで、チームもフラットに闘える位置にきたと思うので、これからもパイレーツの細かい麻雀を応援してください」

と語った。

【Result】
1着 朝倉康心・パイレーツ 4万4900点/+64.9
2着 白鳥翔・ABEMAS 4万3500点/+23.5
3着 高宮まり麻雀格闘倶楽部 1万2400点/▲27.6
4着 二階堂亜樹・風林火山 ▲800点/▲60.8

【Total】
1位 TEAM RAIDEN/雷電 +82.6(6/90)
2位 EX風林火山 +41.5(7/90)
3位 セガサミーフェニックス +17.0(6/90)
4位 渋谷ABEMAS +0.3(7/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲14.4(7/90)
6位 赤坂ドリブンズ ▲29.5(6/90)
7位 KADOKAWAサクラナイツ ▲40.1(6/90)
8位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲57.4(7/90)

大和証券Mリーグ ABEMASvsPirates vs麻雀格闘倶楽部vs風林火山

詳細情報
渋谷ABEMASvsU-NEXT Pirates vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsEX風林火山

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
10月14日の対戦は渋谷ABEMASvsU-NEXT Pirates vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsEX風林火山

キャスト

渋谷ABEMAS
U-NEXT Pirates
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
EX風林火山
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!