松ヶ瀬隆弥、驚異の5戦3勝!! 石橋をアタマハネで逆転し、風林火山は再び首位へ!!

松ヶ瀬隆弥、

驚異の5戦3勝!!

石橋をアタマハネで逆転し、

風林火山は再び首位へ!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕7日目、第2戦は松ヶ瀬隆弥EX風林火山)が、トップを獲得。試合は東3局に親マンガンをツモった石橋が、終始リード。オーラスもピンフのヤミテンで逃げ切るかと思われたが、松ヶ瀬がまさかのマンガンのアタマハネで3連勝。3勝目を勝ち取った。

第2戦の対局者は、渋谷ABEMAS多井隆晴U-NEXT Pirates石橋伸洋KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人、そして松ヶ瀬の4名。

東3局2本場、親の石橋が【3マン】【6マン】待ちの赤1で先制テンパイ・即リーチ、そして【6マン】を一発ツモ。4000オールで石橋がリードを奪う。

東4局、西家の松ヶ瀬の先制リーチに親の佐々木が追いかける。このリーチ対決は松ヶ瀬に軍配が上がる。ピンフ・赤1の1300・2600で石橋を追う。

オーラスを迎えた時点で、石橋と松ヶ瀬の差は5800点。そして先制テンパイは石橋。【3マン】【6マン】ピンフを当然ヤミテンに構える(ドラ【3マン】)。

が、【3マン】【6マン】が場に放たれることなく15巡目、親の佐々木がリーチをかける。リーチのみ【2ソウ】【5ソウ】待ち。

そして佐々木の一発目のツモはドラの【3マン】。石橋のアガリかと思われたが、同時に「ロン」を発声したのが松ヶ瀬。タンヤオ・ドラ2・赤1のノベタン待ちで石橋をアタマハネ。松ヶ瀬の逆転勝利で試合は決した。

これで松ヶ瀬は3連勝。5戦3勝という驚異のトップ率で、風林火山を再び首位に押し上げた。

松ヶ瀬はインタビューで、

「(3連勝について)うれしいですけど、個人よりチームの成績が上向きのほうがうれしいですね。(多井選手との対戦について)まだまだこれから何回もやっていくと思うんですけど、とりあえず今日は僕の勝ちってことで。このあとも勝ち続ける気持ちで打ちたいと思います」

と語った。

【Result】
1着 松ヶ瀬隆弥・風林火山 4万700点/+60.7
2着 石橋伸洋・パイレーツ 3万7500点/+17.5
3着 多井隆晴・ABEMAS 1万2400点/▲27.6
4着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 9400点/▲50.6

【Total】
1位 EX風林火山 +102.2(8/90)
2位 TEAM RAIDEN/雷電 +82.6(6/90)
3位 セガサミーフェニックス +17.0(6/90)
4位 U-NEXT Pirates +3.1(8/90)
5位 渋谷ABEMAS ▲27.3(8/90)
6位 赤坂ドリブンズ ▲29.5(6/90)
7位 KADOKAWAサクラナイツ ▲40.1(6/90)
8位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲108.0(8/90)

大和証券Mリーグ ABEMASvsPirates vs麻雀格闘倶楽部vs風林火山

詳細情報
渋谷ABEMASvsU-NEXT Pirates vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsEX風林火山

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
10月14日の対戦は渋谷ABEMASvsU-NEXT Pirates vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsEX風林火山

キャスト

渋谷ABEMAS
U-NEXT Pirates
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
EX風林火山
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ABEMASvsPirates vs麻雀格闘倶楽部vs風林火山

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!