新戦力加入で意気軒昂!万全の準備で優勝を狙う!! Mリーグ2020開幕直前 チームインタビュー「KADOKAWAサクラナイツ」

新戦力加入で意気軒昂!

万全の準備で優勝を狙う!!

Mリーグ2020開幕直前 チームインタビュー

「KADOKAWAサクラナイツ」

このインタビューは10月5日のMリーグ2020開幕当日の試合直前に行われたものです。

文:東川亮

内川幸太郎
岡田紗佳
沢崎誠
堀慎吾
森井巧監督

オフシーズンの振り返りと、今シーズンに向けての意気込みから伺えますか。

内川 振り返りとしては、ファイナルがちょっと残念な結果になったので、今シーズンは昨シーズンより良い結果を出そうと、オフシーズンにみんなで練習をしてきました。他のチームとも合同練習をやることができて、対策などはバッチリで今日を迎えられたと思います。また、堀さんが加わってサクラナイツは4人になりましたので、各選手の負担も減って、オーダーの幅も広がって、戦略的にも強くなったかなと思いますので、しっかりと1年間戦いたいと思います。

岡田 全部言われた気がするんですけど(笑)、本当にいっぱい練習して、昨シーズンとはまた違う開幕を迎えられそうだなと思いますね。昨シーズンは個人的に写真集の仕事などもあってかなりバタバタしていたんですけど、今回のオフシーズンは結構麻雀に追われたオフシーズンだったので、そのまま入り込めるのかなと思います。

沢崎 2年目なんですけど、昨シーズンは自分の試合で開幕式には来ていないんですよね。だから初年度のつもりでみんなやっつけようと思います。

堀選手の、率直なMリーグの感想から伺えますか。

 違和感しかないですけど、内川さん岡田さんも言っていましたけど、一生懸命練習してきたので、早くこのピンクのユニフォームが似合うように、麻雀と、ダイエットも頑張ろうと思います(笑)。

森井 オフシーズンで練習したりコミュニケーションを取ったりできたので、新生サクラナイツではあるんですけど、しっかり準備を整えて、今回を迎えられたと思っています。調子がいい選手をどんどん出していくというのは昨シーズンと変わらないんですけど、幅というか体調だったりとか、誰かが体調不良になったときも出せる幅が広がったのが、僕の中ではすごく大きいと思っています。ある意味、余裕を持ってシーズンに臨めるのかなと思います。

ユニフォームのデザインが変わりました。

内川 チームスポンサーとして二つ入っていただきました。「鳴かせてくれない上家さん」という、僕が監修をしている漫画のタイトルのものと、クレイジートランポリンさんという、トランポリンの元オリンピック選手の方が代表をしているお店が今年の8月に浦和にオープンしまして、そちらがつながりがありまして、入ってくれるということになりました。

岡田 ユニフォームは、昨シーズンは全面的にピンクを押し出した感じのユニフォームで、みなさんの記憶に残るものになりましたけど、今シーズンはより一層いろいろな人に着ていただけるよう、どちらかというと白が顔まわりにきて誰にでも合わせやすいようにしたのと、色味の調整、前回はかなりサーモンピンク、オレンジみがあるピンクだったんですけど、より桜に近い、青みを増して紺とのコントラストを強調できるようにしました。

堀選手は、ご自身の麻雀でどういう感じのものを見せたいですか。

 僕は日本プロ麻雀協会という、プロ団体で唯一オカを採用している団体のトップである「雀王」というタイトルを持っているので、Mリーグもオカありということで、いかにしてトップを取りにいくかというところを見せたいと思います。

スポンサーのクレイジートランポリンさんは、どういう経緯で決まったのでしょうか。

森井 今回、チームスポンサーを募集するというのを発表させていただいてから、かなり早くの段階でお声がけをいただきまして、今回クレイジートランポリンをやっていらっしゃる元オリンピック選手の伊藤正樹さんが非常に麻雀が好き、内川選手のファンであるということもあって、ぜひ応援したいとおっしゃってくださって今回入っていただけた、という感じです。

トランポリンはやられますか。

森井 僕は会場に一度行って実際に体感したんですけど、大人になってトランポリンをやるといろいろびっくりすることがあって、ジャンプをしているようでも客観的に見るとできていなかったり、ジャンプをした後に地上にいると重力を感じるからジャンプできなくなったりして、トランポリンという場が特殊というか、久々にやったらめちゃくちゃ面白いというのと、子どもさんたちとかには体操を含めて非常に体に良いというところがあるので、ある意味マイナースポーツであるというところはあると思うんですけど、麻雀と同じで、それをどんどんメジャーにという、同じ気持ちもあると思うんですよね。Mリーグを広げていくのと、トランポリンを広げていく、そういう思いも共感されて、今回入ってくださったのではないかと思います。

今後選手がやりにいって、それを公開するとかは。

森井 予定はありますけど、タイミングは分かりません。今はものすごく人気らしくて、予約が取れないらしいんですよ。この告知があると共に選手がプロモーションみたいなことが一番良かったんでしょうけど、そもそもめちゃくちゃ人気で、予約が取れないくらいの状況なので、今は逆にプロモーションしても予約を受け付けられないというところなので、どこか落ち着いたタイミングで選手にも体感していただいて、プロモーションにご協力したいと思っています。

KADOKAWAサクラナイツとしては、どんなところを新たにまた見てほしいと思っていますか。

内川 なかなか外に自由に出られない情勢ですので、ABEMAで麻雀を見られるというのはある意味適している環境だと思います。月火木金と、習慣としてMリーグを見ていただいて、ぜひご家族やお友達と共有しながら、たくさんの人で見ていただければいいなと思います。

岡田 また完璧過ぎて…(笑)。Mリーグって本当にいろいろな世代の人が打っていて、このチームもバラバラで、コンセプトもカオスという感じになっているので、私のような26歳の女子から、沢崎さんのような年齢の人でもコミュニケーションを取れるのが麻雀のいいところだと思います。誰でも一緒に観戦できるのは麻雀だけだと思うので、一緒に見て、そして打っていただけるような麻雀を打って、みなさんをもっと楽しませたいと思います。

沢崎 いろいろな打ち方はありますけど、見方もいろいろあると思うんですよね。その人によって楽しみ方は違うんでしょうから、各自が楽しく見られるように、それを僕なんかも話題になるような麻雀を打って、楽しんでいただければいいかなと思っています。

 僕は麻雀を見てもらえるようになったのが最近というか、それまでは見てもらえることもなかったんですけど、僕は自分の麻雀を見てもらって受けがいいので、気にせずいつも通り自分の麻雀を打てば、視聴者の方に面白いものを見せられるのかなと思っています。緊張しないことを最大の目標としておいて、あとはいつも通りに、と思っています。

今シーズンの数字の目標を教えてください。

内川 全体としてはファイナル進出が最低限の仕事だと思っています。ファイナルは昨年よりもいい成績、その先に優勝があるという形ですけど、個人成績は昨年は沢崎さんがものすごい走ってくれたので、チームバランサーとしてポイントをうまくまとめようという気持ちも出てきていたので、今年は100は確実にプラスして、チームにしっかり数字として貢献できるように頑張りたいと思います。

岡田 数字というよりも、昨シーズンは2着3着率がすごく高かったので、今シーズンはもっとトップもラスもある、メリハリのあるスタイルにしたいですね。

沢崎 数字は特に考えていないんですけど、昨シーズンはトップの割にラスが多かったので、ラスは極端に減らしたいと。できたらゼロ、というくらいには思っています。記録もあるので、ラス回避率、3回ラスを食らったらそれはパスして、後の記録は全部狙います。三冠を目指します。連闘は監督が絶対許さないと思うので(笑)、昨年は6回くらいあったので、多くて5回くらいですかね(笑)。

 僕もポイントを具体的にいくら勝ちたいとかはないんですけど、勝つことが仕事だと思っているので、MVP目指す気持ちで頑張りたいと思っています。寿人さんが500ポイントって言っていたんですか? じゃあ501ポイントで(笑)。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!