小林剛、近藤誠一とのデッドヒートに競り勝つ!! フェニックスはボーダー上でフィニッシュ!!

小林剛、近藤誠一との

デッドヒートに競り勝つ!!

フェニックスはボーダー上で

フィニッシュ!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021セミファイナルシリーズ」の11日目、第2戦は小林剛U-NEXT Pirates)が、トップを獲得。わずか300点差で迎えたオーラス、近藤誠一に競り勝った小林がパイレーツのファイナル進出への望みを繋いだ。

第2戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎渋谷ABEMAS松本吉弘セガサミーフェニックス近藤誠一、そして小林の4名。

東3局、西家・松本のリーチに2フーロでテンパイの小林が放銃。ピンフタンヤオ・赤1・ウラ1の8000点。後がないパイレーツ、手痛い失点を負う。

同2本場、先制は小林。6巡目にピンフ・ドラ1の【2ピン】【5ピン】【8ピン】待ちリーチ。【8ピン】をツモってウラが雀頭の3000・6000。小林がラス目から一気にトップ目に躍り出る。

南3局1本場、近藤がピンフ・赤1の【6マン】【9マン】待ちをリーチでツモ。ウラ1の4000オールで、近藤がトップ目に駆け上がる。

同2本場、南家・内川がカン【5マン】待ちでリーチ(ドラ【6マン】)するも、小林の仕掛けてドラ1・赤1の3900点に放銃。小林が近藤を300点かわしてオーラスへ。

南4局、小林が得意の鳴き仕掛けで【南】をポンしてテンパイ。ほどなく松本から1000点を仕留めてゲームセット。パイレーツが土俵際踏みとどまって、明日のラスト2戦に臨む。

小林はインタビューで、

「かろうじて望みが繋がって良かったなと思いますけど、フェニックスと着順勝負のつもりで臨んだんですけど、途中までは『トップラスでいけんじゃね?』と思ったんですけど、4000オールを引かれて危なかったですね。サクラナイツ以外の5チームはどのチームも勝ち上がり・敗退の目がある、非常に面白い最終戦になるかと思います。パイレーツもファイナル、そして優勝目指して最後2戦がんばっていきたいと思います」

と語った。

【Result】
1着 小林剛・パイレーツ 3万4900点/+54.9
2着 近藤誠一・フェニックス 3万3600点/+13.6
3着 松本吉弘・ABEMAS 2万3900点/▲16.1
4着 内川幸太郎サクラナイツ 7600点/▲52.4

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +248.5(16/16)
2位 渋谷ABEMAS +181.7(14/16)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +192.1(14/16)
4位 セガサミーフェニックス +120.2(16/16)
5位 U-NEXT Pirates +76.9(14/16)
6位 EX風林火山 ▲69.4(14/16)

朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ11日目

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ」
4月7日の対戦はKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ11日目

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!