Mリーグいくさ物語 最速最強・多井隆晴伝【Mリーグ2020観戦記11/26】担当記者:東川亮

Mリーグいくさ物語 

最速最強・多井隆晴伝

文・東川亮【木曜担当ライター】2020年11月26日

(パチパチパチパチ・・・)

11月も終わりに差し掛かってきまして、吹く風も冷たくなってきた時節でございます。

風と言えば、なにやら近頃は「風」「風」と多分に意識されている方もいらっしゃるようではございますが、風なんてものはきまぐれなものでして、吹いてほしいときに吹かず、吹いてほしくないときに吹くなんてのもよくあること。

そして、風が誰にどう利するかは分からないわけですから、人はまず自分自身の幹を太くし、根を張らなければいけないわけでございます。

今から登場するのは、長年にわたってそれぞれのやり方で自らの力を磨き、卓越した雀力を身につけた打ち手ばかり。

今回はその中から「最速最強」というたいそうな通り名を持つ男、渋谷ABEMAS多井隆晴の一戦について、一席お付き合いを願いたいと思いますが・・・。

第2回戦

東家:朝倉康心U-NEXT Pirates

南家:近藤誠一セガサミーフェニックス

西家:二階堂亜樹EX風林火山

北家:多井隆晴渋谷ABEMAS 

物語なんてものは、最初は穏やかに始まるのが相場。

しかしこの日はそうはいかなかった。

何と親番朝倉、東1局第1打でカンpastedGraphic_3.png待ちのダブルリーチだ!

朝倉と言えば先日アガリ放棄のやらかしがあったが、髪の毛はキレイさっぱり、厄落としもバッチリ。

アガリも決めて気分スッキリといきたいところ。

さてみなさんはこういうとき、どのように打ちますでしょうか。

「ええい、どうせわかんねーやい!」とばかりにえいえいやあやあ、いらない牌を切っていく、そんな人もいるでしょう。

この男は、違う。

なんといきなりメンツから現物pastedGraphic_6.pngを中抜いた。

トイツのpastedGraphic_7.pngすら打たない多井隆晴は、やはり守備の人。

手が見合わなければ、ダブルリーチにだって甘い牌は打ちません。

そんな多井の手が止まった。

ここから何を切るか。

前巡に朝倉がpastedGraphic_9.pngをツモ切っており、pastedGraphic_3.pngを選んだっておかしくはない。

なんと多井、手をかけたのはドラのpastedGraphic_11.png

トイツで当たりにくいとはいえ、放銃すれば18000覚悟の強烈な牌。

「もしトイツでpastedGraphic_11.png待ちなら、ダブルリーチなどせずヤミテンにするはず」

「単騎で当たるケースも非常に低い」

理由は想像してみれど、凡人に思いつくことなどこの程度。

どんな考えが頭の中にあったのか、これに関してはいつか本人に聞いてみたいものでございます。

pastedGraphic_11.pngを押した多井だったが、pastedGraphic_3.pngは最後まで打たない。

近藤の追っかけリーチにも対応し、結果は流局に。

いったい、この男には何が見えているのやら。

テンパイ料を払ったとはいえ、なんとも見事な打ち回しを見せた一局でございます。

高い守備力を見せつけた多井ですが、守備だけでは「最強」などとは名乗れません。

一転して鋭い攻撃を見せつけたのが東2局

この局は全員が焦れったい展開が続き、朝倉が先制リーチをかけたのは局も終盤、15巡目。

一方で親の近藤も、pastedGraphic_15.png単騎でタンヤオのテンパイを入れている。

この二人の一騎打ちかと思いきや、17巡目に多井がテンパイいたします。

とは言えツモ番はなく、ただの守備型ならば危険牌のpastedGraphic_17.pngは打たずにオリるのが定石かもしれません。

バランスを取るならpastedGraphic_17.pngを押してテンパイキープ、ひょっこり出アガリもうれしい。

しかし多井、ギロリと卓内をねめ回し・・・。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!