瀬戸熊直樹、まさかまさかの東1局、1度のアガリで逃げ切りトップ!! 雷電、同日2連勝!!

瀬戸熊直樹、

まさかまさかの東1局、

1度のアガリで逃げ切りトップ!!

雷電、同日2連勝!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕75日目、第2戦は瀬戸熊直樹TEAM雷電)が、トップを獲得。起家の瀬戸熊が、開局4000オールをツモアガリ。以後、瀬戸熊は一切アガらずにオーラスまでを持ちこたえ、逃げ切りトップを獲得。萩原と、雷電同日2連勝を成し遂げた。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ鈴木たろうEX風林火山勝又健志KONAMI麻雀格闘倶楽部藤崎智、そして瀬戸熊の4名。

起家の瀬戸熊が、5巡目にをポンしてテンパイ。タンヤオ・ドラ2・赤1のマンガンを4巡後にツモアガって4000オール。瀬戸熊が萩原に続いて、快調なアガリを決める。

東3局、北家・藤崎と東家・鈴木のリーチ合戦。2軒に挟まれた瀬戸熊が、抑えていたで藤崎に放銃。リーチ・の3200点。

南1局1本場、藤崎がダブをポンして赤1のテンパイ。これをツモアガリして1000・2000。藤崎が瀬戸熊に忍び寄る。

南3局は勝又と藤崎のリーチ合戦。藤崎が勝又にピンフタンヤオの3900点の放銃。勝又が追撃の1番手に。

その勝又が親のオーラス1本場、ラス目の鈴木が自風の、ドラのをポンして、一気にハネマン狙いに出る。3000・6000のツモアガリなら、一気にトップに浮上する。俄然他家の耳目は鈴木の去就に集まる。鈴木は、ともに加カンして赤も導入してハネマンテンパイ。しかし、ツモアガリには至らず流局。親の勝又がノーテンで試合終了。

なんと瀬戸熊が、東1局の1度のアガリで逃げ切りトップとなった。

瀬戸熊はインタビューで、

「(この試合は)まったく楽しめませんでした(苦笑)。萩原さんが非常にいいトップを取ってくれたんで、僕も続くことができました。これからも厳しい展開が続くと思いますが、チーム3人とファンのみなさんと一緒にすり抜けていきたいと思いますので、ご声援よろしくおねがいします」

と語った。

【Result】
1着 瀬戸熊直樹・雷電 3万400点/+50.4
2着 勝又健志・風林火山 2万9000点/+9.0
3着 藤崎智麻雀格闘倶楽部 2万2600点/▲17.4
4着 鈴木たろう・ドリブンズ 1万8000点/▲42.0

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +599.0(74/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +139.4(74/90)
3位 TEAM RAIDEN/雷電 +76.3(76/90)
4位 EX風林火山 ▲9.6(76/90)
5位 赤坂ドリブンズ ▲103.7(76/90)
6位 セガサミーフェニックス ▲189.7(74/90)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲208.4(76/90)
8位 U-NEXT Pirates ▲303.3(74/90)

「大和証券Mリーグ2020 ドリブンズvs風林火山vs麻雀格闘倶楽部vs雷電」

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
2月15日の対戦は赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:松嶋桃
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • 最新の麻雀・Mリーグ情報をいち早くお届け!